脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 2

成長因子には、たくさんの種類があります。そして、その一つ一つが有効に働く濃度も違います。
2010_1128_013646AB.JPGのサムネール画像 2010_1207_015326AA.JPGのサムネール画像


さらに、ある成長因子が、一つだけの働きをするというわけではなく、一つの成長因子にたくさんの働きがある場合も多いといった具合です。ある種の成長因子は、濃度によってその働きが異なっています。ある成長因子と、ある成長因子を混合すると、単独で使用する場合とは異なった働きをすることもあります。
このように、成長因子の働きは非常に複雑で、それらの配合と濃度は、それぞれの作用目的に合わせて、慎重に行わなければなりません。当然、脂肪増殖注射の場合には、脂肪組織内の幹細胞が、脂肪細胞に増殖・分化するのに最適な成長因子の配合を、おこなっています。

2 Replies to “脂肪増殖注射で、こめかみと頬の前面を若返り 2”

  1. 一児の母 より:

    ほんとですね~、ぷるんとしてる感じです。
    これなら私も出来そうです。

  2. minami より:

    年齢とともに、脂肪がなくなるところに、脂肪を増殖させてやると、非常に若々しさが取り戻せます。脂肪注入と違って、腫れがないことと、脂肪吸引が不要なことがいい点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。