脂肪増殖注射(頬前・ホウレイ線・口横) 1

頬の前方とホウレイ線、及び口の横から頬の側面にかけて、脂肪増殖注射を行ったモニターさんの症例写真です。
 
2014_0125_191336AA.JPG 2014_0313_192806AA.JPG
 


脂肪増殖注射と言うのは、皮下脂肪を増殖させるための薬剤を注射することで、注射した箇所の脂肪の厚みを増加させるものです。したがって、脂肪注入とは違って、脂肪吸引を行って脂肪を採取する必要がありません。さらに、凸凹ができてしまうこともないのが、大きな利点として挙げられます。実際に行う処置は注射だけですので、脂肪注入のような手術とは違って、大きな腫れが長期に続くこともなく、ヒアルロン酸をしわに対して注入するのと同じ感覚で受けていただける、大変便利な技術です。また、幹細胞WPRPF幹細胞併用脂肪注入ではこのようなことはないのですが、通常の脂肪注入のように、術後、次第に注入した体積が減少していくこともないため、大量の注入物を注入して、膨らませすぎた状態を長期にわたって我慢する必要もありません。したがって、造形的に顔面の輪郭を変化させたい場合や、大きな若返り効果を狙う場合には、幹細胞WPRPF併用脂肪注入が適していて、逆に、顔面の軽度のへこみや、老化による脂肪の委縮が原因でできてしまった老け顔を、人知れず少しだけ改善したい場合については、この、脂肪増殖注射が適していると言えるでしょう。