目の下のWPRPF 2

WPRPFの作用は、真皮中の繊維芽細胞を増やして皮膚自体の若返りを促進する技術です。線維芽細胞は、皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞でもあり、その線維芽細胞が増加すると、そこにはコラーゲンやヒアルロン酸が造成して皮膚が若返ります。
 


線維芽細胞やそれによってコラーゲンやヒアルロン酸が増成すると、皮膚は厚みを増し、水分の含有量も増加し、シワやタルミの原因の一つである皮膚の弾力性の低下が改善します。また、皮膚の代謝が活発になるということもあり、くすみやシミに対しても一定の効果が望めます。このようなWPRPFと同じような効果を出す治療に、「肌細胞補充療法」と言うものがあります。この治療とWPRPFを比較した場合、その効果の差はほとんどありません。むしろ、WPRPFの方の効果が強いと思っていただいていいと思います。しかし、費用の点では大きな差があります。WPRPFの費用は正価でも¥210,000、キャンペーン期間なら¥84,000程度(2012年1月現在)なのですが、肌細胞補充療法の場合には、初回費用だけでも60万円を上回ります。
このように、WPRPFと比較して同等以下の効果であるにもかかわらず、高額な費用がかかる肌細胞補充療法とは、いったいどのような治療法なのでしょう?
この肌細胞補充療法は、一言で言うと線維芽細胞を培養によって増やし、それを目的とする箇所に注入する治療法です。具体的には、耳の後ろなどの目立たないところからメスを使用して皮膚を採取します。その採取した皮膚から線維芽細胞を取り出し、それを細胞培養センター(CPC :Cell Processing Center)という施設で培養します。この培養の過程で、線維芽細胞を増やします。そしてその線維芽細胞を、目的の箇所に注射するのです。この治療の問題点は、
1) 少しではあるが、メスを使用する手術的な操作が必要なこと。
2) 培養には2から3週間が必要で、すぐに治療に移れないこと。
3) 費用が高額なこと。
4) 培養した細胞は、いわゆる老化した細胞であるということ。
などとなります。

4 Replies to “目の下のWPRPF 2”

  1. k より:

    目元の印象がだいぶ変わりましたね。

  2. dazzle より:

    すごく改善されてますね。

  3. dazzle より:

    費用が高額だと難しいですね。

  4. 匿名希望 より:

    シワだけではなくタルミも改善されてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。