首の横方向のしわをWPRPFで治療 2

では、WPRPFではなくて、ヒアルロン酸の注入による治療ではどうでしょうか?ヒアルロン酸の場合には、たしかに即効性をもってしわを改善できます。しかし、やはりWPRPFのほうが優秀です。
 


ヒアルロン酸を注射して首の横じわを改善させるというのは、ボトックスやWPRPFが導入される前には、当院でも頻繁に用いていた方法です。しかしこの方法は、しわの中の薄くなった皮膚に、極細の針で正確にヒアルロン酸を注入することが必要で、しかもその時にはかなりの痛みを伴う方法でした。また、どんなに柔らかい製品を選択しても、皮膚の弾力性と柔らかさを再現することは不可能で、首をひねったり、横に動かしたときには、注入したヒアルロン酸が浮き出る傾向がありました。
それに対してWPRPFを使用すると、このような注入したものが浮き出るという心配がありません。WPRPFは、自分の皮膚そのものを再生させる技術ですので、ヒアルロン酸などの外来の物質でしわを盛り上げる方法とは違い、皮膚の柔らかさや弾力性をそのまま保持した状態で皮膚を盛り上げることができるのです。つまり、WPRPFの場合には、あくまでも線状に薄くなって、しわとして定着してしまった自分の皮膚が再生し、厚みを取り戻すことでしわを改善します。そのことで、首をどの方向に曲げても、またどの方向にひねっても、しわに注射したところが浮き出たりすることなく、自然な状態になるのです。

3 Replies to “首の横方向のしわをWPRPFで治療 2”

  1. k より:

    首のしわ、私も気になります。

  2. dazzle より:

    こんなに改善されるのなら私もやってみたいです。

  3. 一児の母 より:

    女性の多くが気にしている部分だと思うので、この治療法は嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。