首の横シワに対してWPRPFで治療 1

首輪のような首の横じわに対して、WPRPFを注射して治療したモニターさんです。
2012_0125_053712AA.JPG 2012_0419_011235AA.JPG


WPRPFは、自分の血液を主原料にした、皮膚の再生治療です。採血の後、その血液から成長因子を取り出し、そこに成長因子をさらに強化するという、非常に強い皮膚の再生能力を持った注射液を使用します。その注射液をシワそのものに注射することによって、シワの部分の皮膚を再生させ、シワの治療へと繋げるのが、その本態です。採血の量は、使用する薬液の量、つまりシワの数やその長さによって違ってきます。しかし、ワンユニットでおよそ20ml。首のシワなら、前の方だけなら、ほとんどの方がワンユニットで十分な量です。注射の前には、必ず麻酔クリームで皮膚の表面を麻酔します。また、注射の時の針は、注射針の規格で一番細いものを使用しますので、注射の痛みが少ない状態で処置を行います。
術後の経過は、注射後約30分で、注射の薬液による皮膚の盛り上がりがほぼなくなります。そして約1週間後には、一度、元の状態に戻ってしまって、シワが再び現れます。その後、徐々にシワの部分の皮膚の再生が始まり、約2か月かけて、最終結果に到達します。その後の効果の持続は、現在約5年間の追跡観察を行っていますが、その5年間において未だに効果の持続が観察されています。しかしながら、しわなどの加齢・老化現象については、日々積み重なってくるものですから、術後2か月目の状態がそのまま5年間持続するというわけではありません。「もし、処置を受けなければどうだったか?」という仮定のもと、その効果の持続を検討した結果と言うことです。その仮定を実際のものとして比較対象するために、顔面の片方にのみ、WPRPFの処置を施して、しわの左右差の存在について、5年間の観察を行い、この結論を導き出しました。