首の横シワに対してWPRPFで治療 3

前述のような、ヒアルロン酸による首の横シワ取りの問題点は、皮膚の正常な構造ではなく、しわに対してヒアルロン酸と言う注入物を注射することであると言えます。
2012_0125_053749AA.JPG 2012_0419_011330AA.JPG


そこでWPRPFなのですが、WPRPFは注入物ではなく、皮膚を再生させる注射薬です。シワがとれる原理としては、シワを物理的に盛り上げるのではなく、皮膚の再生を通して皮膚自体を若返らせ、その結果、シワが取れるというものです。つまり、シワがあったところには、ヒアルロン酸などの注入物ではなく、正常な皮膚の組織が存在するということです。そして、皮膚自体の再生、つまりは若返りを図っていますので、WPRPFを受けたところの「肌年齢」とも言うべきものが、時計の針を逆回転させた形になっているのです。すべからく、シワというものは、若い時には気にならなかったものが、年齢とともに気になり始めるという症状です。そこで、皮膚自体を若返らせることで、そのシワが取れるということも、このWPRPFのシワ取りの原理でもあります。