WPRPFにて、目の下のクマ取り 1

目の下のクマをWPRPFで治療したモニターさんです。目の下のクマというのは、分析的に考えるといくつかの構成要素があるのですが、大きく分けると、形の問題と色の問題に分かれます。
2013_1030_170239AA.JPG 2014_0129_181301AA.JPG


形の問題と言うのは、皮下脂肪・眼窩脂肪の問題と、皮膚自体のたるみの問題です。
色の問題と言うのは、赤黒いものや茶色いものなどがあります。
WPRPFは、皮膚の若返りの作用になりますので、これらの問題のうち、特に皮膚に関する問題としての、たるみと色の要素を解決するための方法となります。
目の下のクマを構成する要素のうち、形の問題としての皮下脂肪と眼窩脂肪に関しては、WPRPFの治療目的からは除外されるのもので、これらの解決法は、別のモノになります。具体的には、皮下脂肪の減少に対しては脂肪増殖注射や脂肪注入、眼窩脂肪の突出に対しては、経結膜脂肪除去を行います。