WPRPFにて、目の下のクマ取り 2

皮膚のたるみについては、目の下の皮膚の薄さが関係しています。
2013_1030_170304AA.JPG 2014_0129_181337AA.JPG


皮膚と言うものは、年齢とともに薄くなっていく傾向があります。薄くなると同時に弾力性を失い、皮膚が伸びたままになった状態が、いわゆる皮膚のたるみです。WPRPFは、この薄くなって弾力性を失った皮膚を、以前のように厚く弾力性を取り戻した状態に変化させる働きがあります。
目の下の場合は、顔面の他の部分とは違って、元々非常に皮膚が薄い個所です。そのため、皮膚が薄くなってくるという現象に伴う症状も、比較的早期に発生し、顕在化するのも早いということができます。つまり、目の下は、顔面の他の部分よりもたるみが出るのが早いということです。そして、その症状を表す言葉が、クマというものであることが、往々にしてあるということなのです。さらに、前述の眼窩脂肪の突出に関しても、皮膚にたるみが出ることによって、突出してくる力を支えることができなくなってきます。これもまた、クマという症状を発生させる原因になります。したがって、目の下は、皮膚が薄いことによって、いろんな老化現象が出てきやすく、クマの発生が、その代表的なものであるとも言えます。