プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 3

バストの構造は、乳腺が脂肪の中に浮かんでいる構造になっています。そして乳腺は乳管によって乳頭と接続されていて、その他の部分はクーパー靭帯という靭帯組織が袋のような形になって、脂肪とともに取り囲み、周囲を筋肉に接続させています。
2011_0803_135507AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170258AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 3” の続きを読む

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 2

プラズマリポの効果は、皮下脂肪を溶かしてなくすという、脂肪吸引的な効果だけではありません。確かに、ファイバーの先端から照射されるプラズマ光は、他のレーザー機器とは違って、先端から360度方向に進行するため、脂肪を溶解する力は非常に大きなものがあります。
2011_0803_135455AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170244AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 2” の続きを読む

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 1

プラズマリポ・ドレナージで乳房の縮小と吊り上げを行ったモニターさんです。左右差の修正もかねての手術です。未婚で出産経験もなく、当然、授乳経験もない状態の若い女性ですので、バスト自体には傷をつけたくないとのことで、本人の希望により、プラズマリポ・ドレナージでの手術を選択しました。
2011_0803_135444AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170213AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 1” の続きを読む