バストの張りを戻す目的の、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入 5

このように、注入量可能な量が限られた中で、注入した脂肪の生着率の向上は、豊胸効果をできるだけ大きくするためには至上命題となっていきました。そして、当院の幹細胞・WPRPF併用脂肪注入では、平均90%の生着率を記録しています。
2013-11-15-222421.JPG 2014-02-24-234525.JPG

“バストの張りを戻す目的の、幹細胞・WPRPF併用脂肪注入 5” の続きを読む