お腹全体をくるりと背中・腰まで

あまり大きなお腹ではないのですが、上腹部・下腹部・ウエストから背中・腰まで、ぐるりと一周する形でプラズマリポを施行したモニターさんです。

写真は、順番に術前・術後1週間目・術後1か月目・術後約3か月目となっています。内出血や腫れ、あるいは効果が出てくるまでの期間などを知るのに参考にしてください。ただし、大量の脂肪をプラズマリポで処置した場合には、術後の経過はもっとゆっくりになりますし、内出血も多い傾向にあります。さらに、術後の幹部の圧迫についても、きちんとフィットした矯正下着のような、圧迫力の強いものを着用している場合と、そうでない場合には、やはり差が出ます。また、手術を受ける部位によっても、経過に多少の差が生じるというのが、現実です。この症例写真については、ある程度の参考になりますが、手術を受けた方全員が、全く同じ経過を辿るということではありませんので、ご注意ください。しかし、術後およそ1週間で、よく見れば少し効果があるという程度になることは、お分かりになるかもしれません。

プラズマリポの術後経過を決定づける要素としては、まず、その処理する脂肪組織の量と言う要素があります。

脂肪組織の中には、皮膚やその他の組織と同じように、たくさんの毛細血管があります。毛細血管は人体のあちらこちらにくまなく分布していて、従って、どこに怪我をしても、必ず出血するわけです。当然のことながら、脂肪組織にも毛細血管は分布しており、その中の血流によって、脂肪組織を構成している脂肪細胞も酸素や栄養を受け取り、壊死に陥らず、そこに存在することができるのです。プラズマリポは脂肪組織を溶解・融解するわけですが、そこには毛細血管も存在し、脂肪細胞を溶解すれば当然、毛細血管の断端が露出します。プラズマリポの場合には、この毛細血管の断端にはプラズマ光が照射されて、断端を閉鎖し、止血がなされるのですが、どうしても100%完全に全ての毛細血管の断端を閉鎖するというわけにはいきません。そこで、多少の脂肪組織内の出血がみられるわけです。勿論、通常の脂肪吸引とは違って、毛細血管の断端にプラズマリポが照射されて止血されるという機構が存在する分、出血そのものはかなり少ないといえます。しかし、それが大量の脂肪組織に及ぶ場合には、やはり、それらの出血の合計は、少ない脂肪組織に対する処理の場合と比べれば多くなり、それに伴って内出血も多くなります。つまり、プラズマリポで処理する脂肪組織の量が多いほど、内出血も多いということです。プラズマリポではなく通常の脂肪吸引の場合には、その現象がもっと激しいと考えるといいでしょう。

プラズマリポの術後経過を決定するもう一つの要素は、手術した部分に対する術後の圧迫です。

プラズマリポの場合には、脂肪吸引よりも、術後の圧迫固定の期間やその厳重性については、かなり軽度のものであると言えます。しかし、きっちりとフィットした、圧迫の効く下着を準備しておくことは、大切なことです。
通常、脂肪吸引の場合には、脂肪吸引を行った箇所に、厚さ約1㎝のスポンジを載せ、その上から専用の圧迫ガードルなどで押さえつけて圧迫固定を施します。この圧迫固定は術後約24時間の間、そのまま外さずに継続します。その後はスポンジを取り去り、全身のシャワーが可能になります。そして圧迫も、専用のガードルなどではなく、通常の矯正下着的な圧迫の効いた下着にて行うことになります。

しかしプラズマリポの場合には、術後の圧迫は、最初から圧迫の効いた通常の下着で行います。実際には手術が終了したら、あらかじめ準備していただいていた、そのような圧迫の効く下着をすぐに着用していただく形になります。このように、脂肪吸引と比較して、プラズマリポの場合には、その術後に要する圧迫が軽度のもので済み、そのことが、手術翌日からの社会復帰を可能にしています。
しかしながら、プラズマリポの場合でも、圧迫が全く不要であるということではありません。圧迫は軽くていいだけで、圧迫を行わないと、それなりに良くないことが発生します。それらの中で一般的なことなのが、術後の腫れと内出血です。そして、下着での圧迫が弱すぎたり、不均等であったりすれば、圧迫の弱いところは術後の腫れも大きく、内出血も高度に発生します。

以上より、プラズマリポ術後の腫れや内出血を、できる限り軽度で早く消失させたいということなら、どのようなことが必要なのかとが、既に明らかであると言えます。

まずは、術後における適切な手術部位の圧迫。適切な時期に適切な強さで、きちんと手術部位をカバーした圧迫は、内出血や腫れを最小限に防ぐことができます。

そして、手術の結果を欲張らないことです。前述のように、一か所から大量の脂肪を取ろうとすれば、それだけ内出血が増加します。脂肪層の約半分の厚みと言ったところが、脂肪をとるおおよその目安と考えれば、長期にわたる大きな内出血の跡も、防止できます。
また、これら2つのことを守ることで、術後の痛みも少なく、プラズマリポの術後経過を通じて、比較的快適な日常生活を送ることができるでしょう。

基本的に、プラズマリポにしろ、脂肪吸引にしろ、さらに脂肪溶解注射であっても、脂肪組織を取り去るということは、その後は、脂肪組織の中には瘢痕(傷の組織)ができます。

この瘢痕ですが、術後の経過や手術自体の効果について、微妙な影響を与えるものであることが常識とされています。
瘢痕とは、一般的に傷として認識されるものです。特に皮膚の表面にあるものは、傷痕といった形で言われていますが、これは皮膚だけにできるものではなく、手術などで処置を加えた内臓や筋肉・脂肪など、切開などの障害を加えた人体の組織には全て、発生するものです。例えば、胃がんで胃を切除したとすると、術後も食べ物を食べ、水が飲めるように、その残りの胃と腸を縫合します。縫合して胃と腸を接触させておくことで、その間が癒着し、水や食べ物がそこから漏れずに消化管を通っていくことになります。この、胃と腸を癒着させるのが瘢痕です。また皮膚に関しても、傷はいくらきれいに縫い合わせても、ある程度の幅が残ります。その幅の中に存在するのが、瘢痕です。このように、瘢痕というものは、組織と組織を繋げてくっつけるものです。簡単に言うと、人体が作り出す接着剤であるということができます。そしてこの瘢痕が、プラズマリポや脂肪吸引・脂肪溶解注射の術後の経過にも、微妙に影響を及ぼすのです。

プラズマリポや脂肪吸引は、ファイバーや管が皮下脂肪層に通っていくため、皮下脂肪にはたくさんのトンネルが作成されます。

脂肪溶解注射の場合には、物理的にトンネルができるわけではありませんが、顕微鏡単位での話になると、溶解されて死んでしまった脂肪細胞が存在していたところは空洞が作成されるということになります。つまり、プラズマリポや脂肪吸引の場合には、術後は、皮下脂肪層が比較的目の粗いスポンジ、脂肪溶解注射の場合には目の細かいスポンジのような状態になると考えていただければ、分かりやすいと思います。そして術後には、このようにして作成されたトンネルが潰されて、皮下脂肪層の厚みが減少します。その、トンネルが潰されるときに、トンネルの床と天井をくっつけておくのが、瘢痕です。つまり、瘢痕は生体の接着剤なのです。

そこで、術後の圧迫によってこのトンネルを上下方向に潰しておくことは、この瘢痕の量をできるだけ少なくして、術後の治癒過程を経過することができることになります。

瘢痕を発生させる人体の仕組みは、通常の接着剤同様、くっつける者同士の間に瘢痕を作っていくといったものです。そこで、くっつけるもの同士に隙間があると、大きな瘢痕を残す形になるのと、治癒が遅れます。それは、くっつけるものがお互いに遠くにあれば、大量の接着剤が必要になるのと、大量の接着剤が乾くのには時間がかかるというのとに似ています。皮膚などの傷を縫合するのは、この、「組織の接着剤」とも言うべき瘢痕の量を減少させ、治癒を早くするためです。縫合するべき傷を縫合せずにそのままにしておけば、そこには肉芽が増生し、ほんの一部の組織の再生とともに、それら肉芽が瘢痕へと変化し、幅の広い傷痕として残ります。またその間、出血や感染のリスクが長期にわたり持続することになり、治癒過程に関するリスクも増大します。そこでプラズマリポや脂肪吸引に目を転じていくと、感染のリスクこそ、皮膚の傷ほどの上昇はないのですが、トンネルが開いている状態では、この瘢痕の量が多くなり、その分、施術の効果が低下するということになります。また、治癒過程も遅くなり、内出血や腫れなどの不快な症状がなくなるのも遅い傾向となります。

このように、プラズマリポや脂肪吸引の術後には、適切な期間に適切な圧迫が大切です。

それは、それらの術後に発生する皮下脂肪組織内の出血や腫れのコントロールのみならず、皮下脂肪層の中にできる瘢痕のコントロールのためにも、大切なことです。術後にできた皮下脂肪層内のトンネルを、圧迫によって正しい方向に潰しておくことで、内部への肉芽の増生に続く瘢痕の増生を防ぎ、治癒過程も早くなり、手術の効果も適切に出すことができるようになるからです。また、術後の痛みも軽い傾向にあります。これは、やはり治癒過程の速さによるところが多いと思われます。このように、術後の圧迫は、プラズマリポであれ脂肪吸引であれ、術後早期だけでなく、術後の手術からの回復過程をすべて勘案した時、全く無駄なものではなく、むしろ積極的に推進するべきものであるということができます。

下腹部からその真横と腰

下腹部・下腹部横・腰に対して、プラズマリポを施行したモニターさんです。

プラズマリポとは、いわゆるLaser lipolysis(レーザー脂肪溶解)の一種とされていますが、正確にはレーザーとは少し違った性質のある光を使用した、脂肪溶解法です。レーザーもプラズマリポも、光を使用することには変わりがないのですが、その光の性質が異なります。レーザーと言うものは、単一波長(単一の色)の光で、遮蔽物がないと、どこまで行っても真っ直ぐにしか飛びません。しかし、プラズマの場合には、いろいろな波長の光を含み、しかも、ファイバーの先端から、360度、あらゆる方向に向けて拡散する性質があります。つまり、IPL(フォト)のような性質の光です。この違いが、プラズマリポの効果の高さの秘密となっています。

プラズマリポは、ファイバーの先端から拡散する光であるが故に、脂肪層内では、脂肪溶解範囲が広くなります。

レーザー光は、正面の方向にしか飛ばない光であるため、その脂肪溶解範囲は狭く、出力を上げても、ファイバーの太さプラス・アルファと言ったところが、精一杯です。それに対して、プラズマリポは、拡散するというプラズマ光の性質上、ファイバーの直径を、大きく凌駕した範囲での脂肪溶解が可能です。手術中には、ファイバーの先端は前後に動きますので、前後方向の脂肪溶解量は少なくても問題はなく、上下左右方向の溶解量が、その効果上、大きな意味を成します。

プラズマリポとレーザーの違いの上で、光が拡散するかしないかという側面と同時に、その光の波長と言うものがあります。

光の波長と言うのは、簡単に言えば、光の色の事です。色が肉眼で確認でき、光の存在が確認できる、つまり、明るいか暗いかが分かるような光を、可視光線と言います。その可視光線の中で、波長が長いと赤くなり、短いと紫になります。つまり、それぞれの波長で、その光の色の見え方が違ってくるのです。たとえば、太陽の光は、いろいろな波長の光を含んでいるため、プリズムでいろいろな色に分解できます。雨の後に虹が出るのも、太陽の光が色々な波長の光を含んでいるためです。身近な光は、太陽の光だけでなく、蛍光灯の光なども、色々な波長の光を含んでいると言えます。そして、レーザーの場合には、それらの光とは異なり、一つの波長の光です。つまり、色としては純粋な色であると言えます。それに対して、プラズマと言うのは、色々な波長を連続的に含んでいて、太陽の光に近いものです。このことが、レーザー以上に脂肪溶解作用を発揮する理由の一つでもあります。

プラズマリポが色んな波長を含んでいるのに対して、レーザーの波長は一つだけです。

そして、脂肪溶解用のレーザーは、その波長が、脂肪細胞内の中性脂肪への吸収が大きいものを選択されています。「吸収が大きい」とは、その光を、ある物質に照射した時には、それを透過せず、しかも反射もしないということです。では、その光は、どこに行ってしまうのかという疑問が残りませんか?実は、物体に吸収されたレーザーやその他の光は、熱エネルギーに変換され、光を吸収した物質の温度を上昇させます。そして、温度が上昇した物体は、融点に到達すれば溶けてしまいます。そして沸点に到達すれば、もしそれが細胞の原形質なら、細胞自体がはじけ、細胞が破壊されるに至ります。つまり、脂肪細胞がレーザーを吸収すると、中性脂肪が沸点近くにまでその温度を上昇させ、脂肪細胞がはじけて、破壊されるという理論に基づいています。つまり、脂肪細胞の中の大半を占める物質を通して、脂肪細胞を破壊できれば、脂肪組織を効率よく減少させることができるであろうということです。しかし、この理論には大きな落とし穴がありました。

この、レーザーによる脂肪溶解の理論の大きな落とし穴とは、一言でいうと、「脂肪組織は、脂肪細胞のみで構成されているモノではない」ということです。

脂肪組織は、脂肪細胞を5~6個を包む膜があり、それが脂肪の小さな粒を作っています。さらに、それらの粒が再び5~6個、膜に包まれて、さらに大きな粒になっています。こういった具合に、粒が膜に包まれて、さらに大きな粒と化すという構造が繰り返され、最終的に脂肪の粒として、肉眼で確認できるほどの大きさの粒になります。これらの構造を作っている「膜」と言うのが、いわゆる脂肪組織の細胞間マトリックスと言われるもので、その成分は、真皮と似た構成となっています。さらに、この細胞間マトリックスには、脂肪細胞よりも小さく、血液内の赤血球と同じくらいの大きさの幹細胞や、脂肪細胞に分化する前段階の細胞である前脂肪細胞など、脂肪細胞以外の細胞が含まれています。そしてこれらの細胞が、脂肪細胞亡き後の脂肪組織を、再び脂肪細胞を作り出してしまうことで、再生します。

つまり、脂肪「組織」を破壊したい場合には、脂肪「細胞」のみを破壊して減量しても、その後には、脂肪細胞が再生され、元の状態に戻ってしまうということです。

当院で使用しているプラズマリポは、レーザーとは違って、色々な波長の光を連続的に含みます。そのため、脂肪細胞以外の細胞や構造物にも吸収されます。そして、それらを脂肪細胞同様に破壊し、脂肪組織の再生を防止します。したがって、元に戻ってしまうということのない処置であるということができます。そしてさらに、当院では、脂肪層の比較的分厚い部分には、それらの脂肪細胞以外の構造物が関与している脂肪組織の再生を抑制するために、ドレナージ技術を導入しています。ドレナージ技術とは、プラズマリポによって溶解された脂肪組織を、処置部から外に出してしまう技術です。そのドレナージ技術のためには、特殊なカニューレを、プラズマリポのファーバーとともに使用することが必要です。このカニューレは当院にて開発されたもので、プラズマリポで溶解された、脂肪組織に含まれる様々なものを、溶解と同時に体外に排出します。そうすることで、できる限り、脂肪組織の再生の元になる細胞や構造物を取り去り、脂肪組織の再生を防止し、効果をより確実なものとしました。

下腹部をぐるりと

下腹部・下腹部横・腰の3か所にプラズマリポを施行したモニターさんです。この、下腹部・下腹部横・腰の3か所というのは、ベルトの上に乗っかる肉のことです。

この部分の皮下脂肪を気にする方は、夏場が近くなってくると途端に増加します。しかし、この部分の脂肪は、実は長年の間に貯めこんでしまった腹部や背部の皮下脂肪が、ダイエットによっても取りきれずに残っているものであるということができます。また、20代前半のうちは気にする人も少ないのですが、20代後半からは非常に気になる存在になるようです。これは、これらの部分は脂肪が付きやすく、そして体重減少によって取れにくい部分だからです。そしてまたこの部分は、ある意味、腹部や背中の脂肪が行きつく最終地点でもあるからです。

脂肪が付きやすく取れにくい部分というのは、どのようにして決まっているのでしょうか?それは、日常生活でよく使う筋肉がどの部分にあるかということです。

そもそも皮下脂肪というものは、飢餓時の非常用のカロリー供給源であると同時に、外力から筋肉や骨・内臓などを守る働きがあります。これらの働きについては、飢餓や狩猟生活から脱出した現代人にとっては不要な機能ということができるでしょう。しかし、この機能が残っているが故に、カロリーの摂取が過剰になれば、内臓脂肪の次に皮下脂肪が体積を増し、肥満という状態になってそのカロリーを非常用として蓄えておくのです。しかし、そのカロリーの貯蔵では、体の運動に邪魔になるところは、できるだけ避けようとするのです。なぜならば、狩猟生活においては、体の運動が制限されるということは、生命の危険に直結するからです。運動が制限されると、狩猟そのものの効率が低下し、食料の確保が困難になります。また、自然界においては、運動制限は外敵の襲来から逃げることが困難になります。そこで、日常生活上、頻繁に使用する筋肉の上は、カロリーの貯蔵庫としての皮下脂肪の厚みが増加しにくいことになっています。また、それらの筋肉は、通常の生活上でもカロリーをよく消費するということができますので、その上の皮下脂肪は厚くなりにくく、厚くなったとしても、ダイエットによって比較的簡単に元の厚さに戻すことができるのです。こういった部分は、例を挙げると、手指、前腕(肘から先)、顔面のエラの部分、ふくらはぎ、足の甲などです。このような部分に皮下脂肪が多い場合には、まずはダイエットを試み、それでも無理な場合のみ、何らかの方法を考慮すべきであるということができます。

以上のことを考慮すると、逆に、日常生活上あまり使用しない筋肉の上の皮下脂肪は、分厚くなりやすく、ダイエットによって薄くすることが困難であると言えます。

それがこれらの、腰・下腹部・下腹部の横なのです。これらの部分は日常生活上、頻繁に使用する筋肉は存在しません。下腹部には腹筋がありますが、日常生活上頻繁に使用している腹筋はこの部分ではなく、上腹部のものの場合がほとんどです。また、下腹部の横は、腸骨という骨盤を形成する骨が突き出していて、筋肉に乏しい部分です。腰も同じく、腸骨が突出し、背中の筋肉とヒップの筋肉を分けているところなのです。このようにこれらの部分には、筋肉が無いか、非常に使用頻度の低い筋肉しか存在せず、脂肪が付きやすく取れにくいという現象が発生するのです。

それでは、脂肪が行きつく最終地点とは、どういうことでしょうか?それは体、特に体幹の部分を言葉で表した時に、その部分の一番下に存在する部分のことです。

たとえば腰の場合、ヒップのすぐ上の部分です。腹部の場合には、陰部のすぐ上の部分、つまりは下腹部。ウエストの場合には、太もものすぐ上の部分、つまり下腹部の横といった具合です。これらの部分は、年齢とともに脂肪が付きやすくなってくる箇所です。それは、年齢とともに発生する皮膚と皮下脂肪組織の変化に起因します。皮膚の変化とは、言うまでもなく皮膚のたるみのことです。皮膚が弾力性を失ってたるんでくることによって、脂肪が移動する余裕が増加します。つまり、局所での脂肪の動きが出る余裕が増えてしまうということです。脂肪組織の変化というのは、脂肪組織の中にある、脂肪細胞を集めて目に見えるような粒にまとめている袋状の膜が緩んでしまうことです。そうなることで、脂肪組織はふにゃふにゃに柔らかくなってしまうのです。これがまた、重力に抵抗できずに、脂肪が下のほうに向かって下りていくという原因にもなります。

プラズマリポは、脂肪を溶解(融解)してその量を減少させることはもちろんなのですが、年齢とともにたるみが発生する方向で変化した皮膚を引き締めます。

また、皮下脂肪組織に関しても、緩んでしまった脂肪細胞を集めて目に見えるような粒にまとめている袋状の膜を破壊します。そして、その部分に新しいコラーゲンでできた繊維の新生を促し、フニャフニャになってしまって、たるんで下のほうに落ちやすくなった脂肪組織を、よりタイトなしっかりとした皮下組織に置き換えます。そうすることで、脂肪組織自体の減量と、いわゆる体型の若返り効果を同時に達成するということができるのです。したがって、プラズマリポは、単なる皮下脂肪組織の除去にとどまるものではなく、体型のアンチエイジング処置であるということができます。

なぜ、プラズマリポには強力な皮膚の引き締め効果があるのでしょうか?それは、プラズマ光の進行方向に関係しています。

通常、プラズマリポを含めたレーザー・リポリシス(Laser Lopolysis)という手技に使用される機器は、皮膚からレーザーが通るファイバーを差し込み、それに前後運動をさせて、ファイバーの通り道の脂肪組織を破壊・溶解・融解します。その時、基本的にはファイバーの運動は、できるだけ皮膚に対して平行に前後運動をさせることになります。その際、ほかのレーザー機器では、レーザー光が前方にしか進行しないため、皮膚に対して照射されるエネルギーは非常にわずかなものとなってしまいます。しかしプラズマリポの場合には、プラズマ光がファイバーの先端から360度のどの方向にわたっても同時に進行するため、ファイバーの上方にある皮膚に対しても、プラズマ光が照射されます。このように、プラズマリポはファイバーの先端でレーザーを拡散するプラズマ光に変換することで、脂肪組織の溶解(融解)範囲を広くするだけではなく、皮膚の引き締め効果を大きく増強できるようになったのです。

ところで、下腹部とその横から後ろの腰の部分については、英語のスラングで”Love handles”(ラブ・ハンドル)と呼ばれます。

語源としては、セックス時にここをハンドルのようにつかむだろうということらしいですが、そのことからすると、成熟した女性の象徴的な体型の特徴を表しているのかもしれません。実際上は、あまりエロチックな意味では使用されていないようです。しかし、「ラブ」という、何だか甘い響きに騙されて、褒められていると勘違いしないほうがいいでしょう。
このラブハンドル、もっと進行した状態だと、”Muffin top”(マフィン・トップ)と呼ばれます。これは、腹部の皮下脂肪がズボンやスカートの上に乗っかって、少し垂れ下がろうとしている状態を、マフィンが焼き型からはみ出しているのに例えたのが語源のようです。
これらのスラングにみられるように、これらの部分の皮下脂肪は、その特徴的な形態から、やや揶揄的に表現されることが多いようです。ラブ・ハンドルが大きく太くなって、そのうちマフィン・トップに変化してくるとも言えるでしょう。ラブ・ハンドルは、できないように努力するに越したことはないのですが、できはじめたら、早めに治療しておくほうがいいのかもしれません。

ラブハンドルですが、これは女性にも男性にも発生します。発生頻度には特に大きな性差はないと思っていただいていいと思います。しかし、男性の場合には、体型の構造上、女性よりもあまり目立たないのが特徴です。

基本的に、腹部など体幹の皮下脂肪が、男性の方が女性よりも薄いという特徴があるからです。その代わりに、男性の場合には内臓脂肪が多くついてきます。これらの体型上の特徴が、やはりラブ・ハンドルが発生した時の、その形にも影響します。それを一言で言うと、女性のラブ・ハンドルは、腰の部分から下腹部前方まで、くるりと一回りしている場合が多いのですが、男性の場合には、下腹部前方まで来ずに、側腹部で止まっている傾向にあります。つまり、男性の場合には、下腹部の張り出しは、ほとんどが内臓脂肪によるものであるということです。

内臓脂肪は、皮下脂肪とは違って、脂肪吸引やプラズマリポなどの手術や、脂肪溶解注射では取ることができません。

しかしながら、内臓脂肪は運動やダイエットには皮下脂肪よりもずっとよく反応します。つまり、運動やダイエットでのカロリー制限をちゃんとすれば、いつでも落とせるということです。男性の場合には、より良いプロポーションは、まずは自助努力を行い、それでもダメな場合には医療技術で何とかするというのが、正論でもあり、また、そうぜざるを得ないということでもあります。また、内臓脂肪優位の肥満の場合、心臓血管疾患、つまり動脈硬化から心筋梗塞などに至ることが、皮下脂肪優位の肥満よりも多いと言われています。いわゆるメタボリックシンドロームの診断基準として、腹囲と言う項目がありますが、これは男性の基準の方が女性に対しての基準よりもかなり厳しく設定されています。これもやはり、女性は皮下脂肪優位でお腹が出てしまい、それに対して男性は内臓脂肪優位でお腹が張り出す、という現実に則しているということができます。

男性の腹部

最近の傾向として、プラズマリポや強力脂肪溶解注射を受ける男性が増加しています。
まずは、術前と術後1ヶ月目の比較です。
PLIP_abdomen_M_before.jpg PLIP_abdomen_M_1M.jpg
少し皮下脂肪層が薄くなったため、腹筋の状態がやや見えるようになってきました。
そして、術前と3カ月後の比較写真です。
 
PLIP_abdomen_M_before.jpg PLIP_abdomen_M_3M.jpg
 
やはり、一番多いのは、メタボな体型がイヤで、運動とダイエットをしたものの、 皮下脂肪が残ってしまったパターンです。次に多いのは、このような治療を受けるのをきっかけに、少し体型に気を使っていきたいと考える人たちです。このモニターさんは、上記の2番目のパターンでした。この時点で、皮下脂肪の減少によって、腹筋がよりしっかりと確認でき、わき腹の、ベルトに乗る部分も少なくなりました。ウエストも、ずいぶん細くなり、経過の間にベルトを買い替えたそうです。
 
今度は、斜め横からの写真です。前回の、正面からの写真よりも、この、斜め横からの写真のほうが、経過が良く分かるかもしれません。術後は、手術して3カ月目の写真です。
 
PLIP_abdomen_M_left_lateral_before.jpg PLIP_abdomen_M_left_lateral_3M.jpg
 
プラスマリポは、脂肪吸引のように、術後にすぐに結果が出るものではありません。しかし、術後は、強力脂肪溶解注射に次いで楽な手術です。圧迫固定は一晩のみですので、男性の方でも、肉体労働でなければ翌日から仕事に復帰できます。