年齢とともに太くなってきた二の腕

腕から肩、そして腋の一部までプラズマリポを受けたモニターさんです。皮膚のタイトニングが得られるという、プラズマリポの特徴を発揮できた症例と思われます。

プラズマリポは、カテゴリー上はLaser lipolysis(レーザー脂肪溶解)と言われるものに含まれます。レーザーで脂肪を溶かすという意味です。しかしながら、プラズマリポそのものは、レーザーで脂肪を溶かすのではなく、プラズマという、レーザーとは違った光線によって脂肪を溶かします。プラズマリポの機械の構造として、そのエネルギーの元をレーザーとしているため、Laser lipolysis(レーザー脂肪溶解)に分類されていますが、その脂肪を溶かすメカニズムは、通常のレーザー機器とは異なります。まず、プラズマリポの本体では、ダイオードアレイを使用してレーザーを発生させます。そのレーザーは細いファイバーを通じて本体から送り出され、ハンドピースの先端から伸びた、ファイバーの先端まで到達します。プラズマリポのファイバーの先端には特殊加工が施してあり、そこで直線的にしか進行せず、光としての波長が単一のレーザーは、拡散して進行する、波長の幅のあるプラズマ光へと変換されます。そして、そのプラズマ光が、脂肪組織を溶かして、部分的な痩身効果を発揮します。

プラズマリポが脂肪を溶かす時のプラズマ光は、前述のように、波長幅のある拡散光です。

この拡散光であることが、脂肪を溶かす効果を増強させ、しかも安全性を確保できるキーポイントでもあります。拡散光の場合、まっすぐにしか進行しないレーザーとは異なり、横方向にも光が照射されるということになります。そのことで、脂肪組織の溶ける範囲が拡がり、より効率よく脂肪組織を溶かすことができます。また、先端からの距離に応じて、光が自然に減衰するため、ファイバーの前方については光線が到達する距離が短く、その分、安全性に優れたものであるということができます。脂肪組織の溶解範囲が広いにも拘らず、その安全性が高いというのが、通常のレーザー機器と比較したときの、このプラズマリポの何よりの利点であるということができます。

さらに、脂肪組織の安全で効率よい溶解効果だけではなく、プラズマリポにはもう一つ、重要な効果が秘められています。

それは、皮膚に対するタイトニング効果です。これまでのレーザー機器による手術であっても、一定のタイトニング効果が得られるというのが、およそ定説になりつつあります。しかしながら、より強いタイトニング効果は、皮膚に対する光線の照射が必要になり、その点では、光線が直進しかせず、周辺への拡散のないレーザーに比べ、プラズマリポは光線が拡散する分、皮膚と平行にファイバーを移動させても、皮膚の裏面からの光線の照射が効率よく行われます。このことは、皮膚の深い部分である真皮に対して刺激をより多く与え、その中のコラーゲンや繊維芽細胞の増殖をより多く促し、皮膚に対する引締め効果を増強させることにつながります。特に腕などの場合には、その太く見える原因としては、皮膚のたるみの要素が大きく関与していることが多く、この皮膚に対する引締め効果は、より良い手術結果を獲得するためには、有利に働きます。

年齢とともに太くなってくるという二の腕ですが、これが、皮膚のたるみによる、太く見えるようになってくるという現象の一端であるということは、結構、知られていないことです。

よくある話として、腕を挙げていると、その太さはさほど気にならないが、腕を体の両側に下ろし、気を付けの姿勢をとった時に、腕の太さが強調されるという現象が見られます。この現象は、腕を下したときに、側胸部によって腕の内側の脂肪や筋肉が前後に押し出されることによるものです。押し出すものは、当然ですが側胸部の肉です。この現象が、加齢とともに増強されてきます。しかし、少しおかしいと思われる向きもあるかもしれません。それは、年齢とともに、痩せるのは上半身から、太るのは下半身からということを、実体験上、よく知っているからでしょう。実際に、そのように上半身から痩せ、下半身から太るというのは、年齢とともに発生します。それなのに、どうして二の腕だけは、上半身にあるのに太くなってくるのか?人間の進化の過程から考えると、四足歩行というところから始まったとすれば、二の腕は前脚ということで、太ももなどの下半身から太るというのとは、あまり矛盾はなさそうです。しかしここで言いたいことは、腕の皮膚と脂肪を支える組織のたるみも、この、加齢とともに腕が太くなってくるという現象に、大きく関与しているということです。つまり、二の腕の皮下脂肪の量は、若い時とは変化していないか、あるいは減少しているにもかかわらず、それが皮膚のたるみや脂肪組織内のコラーゲン繊維の減少や脆弱化によって、側胸部の肉によって、前後に押し出されやすくなっているということです。これは即ち、二の腕が変形しやすくなったということで、その原因は、ひとえに皮膚のたるみが大きな原因であるということができます。

年齢とともに二の腕が太くなるという現象は、皮膚のたるみが大きな要素であることが理解できたかと思います。

そこでプラズマリポなのですが、前述のとおり、プラズマリポには効率よく皮膚に対する光線の照射が実現できるため、このような皮膚のたるみに起因する二の腕の太さに関しては、比較的良い結果を獲得することができます。また、これはレーザー脂肪溶解全般に言えることなのですが、脂肪組織の中には、通常の脂肪吸引よりも多くのコラーゲンが新生されるといわれています。この脂肪組織内のコラーゲンもまた、脂肪組織の変形を防ぎ、二の腕を太く見せるのに対し、予防的に作用します。弾力性を失った、フニャフニャした脂肪組織を、弾力性のあるしっかりした脂肪組織に変化させるというものです。

しかしながら、プラズマリポの、皮膚を縮める作用や、脂肪組織に対して弾力性と硬度を与える効果というのにも、限界があります。

つまり、大きなたるみに対しては、しっかりと効果が解り、そして大きな満足感を得るということが、不可能な場合があるということです。そのように大きなたるみが腕に発生している場合には、アームリフトという手術を行うことになります。アームリフトというのは、読んで字の如く、腕のリフトアップで、フェイスリフトの二の腕版と考えれば、ほぼ正解です。メスを使用して、伸びてしまった腕の皮膚を切除します。切開線は脇の下から、腕の内側を通って、肘にかけてです。このアームリフトは、アメリカではここ2、3年、急激な手術件数の増加のある、人気手術の一つとなっています。しかし、我が国日本では、どうしても市民権を得た手術とは言えないのが現状です。それは、二の腕のほぼ全長に及ぶ長い切開線と、それに伴う傷跡の問題があるからです。

その傷跡の問題があるにもかかわらず、アームリフトがアメリカでは人気手術となっているのは、3つの理由があります。

一つ目は、人種による傷の目立たなさ。傷跡というのは、きれいに縫合された場合には、通常、体質などの個人差はありますが、術後半年くらいすれば、赤い色がなくなり、白くなります。それは、傷の組織がメラニン細胞を持っていないためです。その時に、白人の場合には、白い皮膚に白い傷が残るため、あまり目立つことはありません。しかし、黄色人種の場合には、肌色の皮膚に白い傷になるため、白人よりも目立ってしまうことが多いというわけです。アームリフトがアメリカで人気のある手術となり、今や完全に市民権を得た理由の2つ目は、やはり体型の差です。一般的に、太るときの体型について大きく分けると、よく知られている通り、リンゴ型と洋ナシ型です。リンゴ型は上半身優位、洋ナシ型は下半身優位と言われていますが、実際は、リンゴ型は全身万遍なくと言ったほうがいいでしょう。アメリカ人を含む欧米人は、これらのうち、リンゴ型が多いとされています。その場合、上半身に位置する二の腕は、洋ナシ型よりも肥満の影響を受けやすく、皮下脂肪が付きやすく、腕が太くなります。そして、やはり健康のことを考慮するようになった際に、ダイエットなどで体重を落とすと、脂肪が付きやすかった分、脂肪の減量も大きく、その分、たるみも大きいというわけです。また、ここでも黄色人種と白人の皮膚の性質の差という要素の関与があります。白人の皮膚は、黄色人種の皮膚よりも薄く、弾力性に欠けるため、伸ばされてしまうと、そのあとの縮みが悪く、たるみとなってしまい易いのです。さらに、皮膚と同時に皮下脂肪も柔らかく、弾力性に欠ける傾向があります。実際に白人の脂肪吸引を行ってみると、日本人の平均的な皮下脂肪よりも、サクッサクッと言った感じで吸引できます。つまりこのことは、皮下脂肪において、脂肪細胞を集めている膜の構造が脆弱であるということで、脂肪組織内に存在するコラーゲンを主体とした繊維成分が脆弱であるということができます。したがって、脂肪組織自体も変形しやすく、皮膚も伸びやすく、そこに体重の減少に伴う脂肪組織の減量が伴えば、たるみも大きくなってしまうということです。

そして最後に、傷に対する日米における意識の差というものがあります。

日本人の特性として、細かいところにまで、良く言えば気配りが行き届く。悪く言えば、細かいところにまで神経質なところがあります。よくあるのは、「そんなところ、誰も普段は見ていない」と言ったところまで、気にする傾向があるということです。顔などの場合、酷い場合には、鏡を顔から5㎝ほどにまで近づけて「この傷が」だとか、無理やり表情を作って「この痕が」とか言います。しかし、日常生活上、誰もそんなに近くには近づかず、さらに、そのような表情をすることがないにも拘らず、それが気になるのです。ちょっと精神病との境界領域のような感じで、極端な例を挙げましたが、日本人患者の傾向として、実際に存在することです。このような日本人には、たとえ細い傷であっても、肘付近にまで及ぶ長さの傷は、なかなか容認できるものではないでしょう。そこで、当院のアームリフトは、皮膚を縮める効果のあるプラズマリポを組み合わせ、傷を腕の半分のところまでに絞り、半そでシャツであれば隠れてしまう程度に抑えるようにしています。

二の腕全体

腕の上部から下部まで、広い範囲でプラズマリポの手術を受けたモニターさんです。術後は皮膚まで引き締まりが出て、だらんと柔らかくて拡がったような太い腕が、引き締まって細くなっているのが観察できます。この、皮膚の引き締まりが、脂肪吸引とは違い、プラズマリポの特徴のうちの一つでもあるのです。

うちのクリニックの場合、腕を細くすることを希望して来院される方の多くが、30代以降の方です。そして皆、異口同音に、「年齢とともに腕が太くなってきた」と言います。現実的に、たしかに年齢とともに二の腕は太くなってきます。しかし、脂肪の付き方自体は、顔や首、胸など、上半身は年齢とともに少なくなり、おへそのあたりから下の部分のお腹や、脚には脂肪が付きやすくなります。二の腕は上半身に属しますので、脂肪の付き方自体は年齢とともに減少傾向か、あるいは現状維持といった具合なのです。しかし、それならどうして腕が太くなるのかということになります。それは、年齢とともに皮膚の弾力性がなくなってくることにより、同じ量の脂肪が付いていたとしても、それを囲んである皮膚が伸びて、二の腕を太くしてしまうからです。つまり、若い頃には脂肪も弾力性のある皮膚に囲まれて、ギュッと凝縮されていたものが、歳を取ってくると、皮膚の弾力性が失われるとともに脂肪の凝縮が取れてしまって拡散し、太くなるということです。脂肪の量は変化しないのに、その密度が低下することで、脂肪組織全体としての量は増加するということになるのです。これが、年齢とともに腕が太くなってくるという現象の病理なのです。

皮膚の弾力性がなくなり、皮膚が伸びてしまうということは、すなわち加齢の現象です。したがって、年齢とともに太くなってきた二の腕については、これを改善するためには脂肪を取ることはもちろんですが、伸びてしまった皮膚を縮めてやることが非常に重要な要素になります。また、皮膚を縮めてやることによって、筋肉ではなく皮膚に近いところに付いている脂肪が、皮膚の余裕によって垂れ下がるという現象をなくすことができ、そのことが、さらに二の腕の若返りにもつながることになります。つまり、二の腕が太いと一言で言っても、加齢現象が原因であるからには、それを治療するには、たるみ取りの要素を加味しなければならないということです。

たるみ取りの手術というと、有名なのがフェイスリフトです。この手術は顔面のたるみを取る手術なのですが、後戻りを防いで長期の効果を出すためには、余分な皮膚を切り取るだけではなく、垂れ下がった脂肪の位置を、筋膜や靭帯(リガメント)を操作することによってきちんと修正してやることが必要になります。それに対して、腕に関してもアームリフトというのがあります。このアームリフトですが、やはり長期の効果や仕上がりを考えると、余分な皮膚を切り取るだけではなく、筋膜の上で脂肪層を剥離し、垂れ下がった脂肪の位置をきちんと修正してやる必要があります。このように、たるみ取りの要素を加味するということは、皮膚はもちろんですが、皮膚だけでなく皮下脂肪層まで操作を加えることが大切なのです。つまり、加齢現象としての太い二の腕を治療するには、フェイスリフトやアームリフト同様、皮膚と皮下脂肪の治療を同時に行わなければならないということなのです。

では、アームリフトが唯一の加齢現象としての太い二の腕の治療なのかというと、そういうわけではありません。フェイスリフトの代わりにシルエットリフトやサーマクールなどによる治療があるのと同様に、切開しない、つまりは傷が残らない治療法があります。それがこのプラズマリポなのです。
プラズマリポは、従来のレーザーを使用した機器とは違い、ファイバーの先端から360度方向にプラズマ光が照射されるため、皮膚のたるみを治療するためにファイバーの先端を皮膚の方向に向ける必要がありません。つまり、皮膚の下を皮膚に対してファイバーを平行に前後運動させるだけで、皮膚のたるみを引き締めることができます。また、このような拡散するプラズマ光の性質は、皮下脂肪の溶解(融解)にも非常に有利に働き、より広い範囲の脂肪溶解(融解)範囲を作り出すことができます。したがって、脂肪層だけに効果を及ぼし、皮下脂肪を除去するだけの脂肪吸引や、皮膚のみに作用するサーマクールのような治療とは違い、プラズマリポは皮下脂肪層と皮膚の両方に作用を発揮するということです。このことは、前述の、脂肪層と皮膚の同時治療であるアームリフトにより近い治療原理であるということができ、二の腕のたるみ取り、つまり二の腕のアンチエイジングということができます。つまりは、年齢とともに太くなった二の腕の治療に対して、アンチエイジング効果を及ぼすことで、より理想的な治療を実現できるということになります。

年齢とともに太くなってしまった二の腕の治療におけるプラズマリポの作用とは、脂肪吸引や脂肪溶解注射、またはその他の脂肪を減少させる機械などとは違い、皮膚を引き締める強力な作用があり、それが手術と同時に可能であるという点から、よりアームリフトに近いものであるということができます。したがって、皮下の脂肪のみを除去するこれらプラズマリポ以外の機械や手術とは違い、たるみを作ってしまうことはなく、むしろタルミを改善させることができます。

もちろん、年齢とともに太くなってしまった二の腕の治療には、アームリフトが最も効果的な治療法であるということには変わりはないのですが、アームリフトの場合には皮膚の切開を伴う手術であるということから、傷を表面に残すというデメリットがあります。実際には、わきの下から肘の近くまで、腕の内側に長い傷跡が残るということを覚悟しておかなければなりません。この部分の傷は、腕を下した時には外見上は見えないところで、アームリフトはそのような、できるだけ隠すことのできる部分に傷を持ってくるように研究されてきたのです。さらに、当院で開発したオリエンタル・アームリフトの場合には、傷跡をできるだけ短くするように工夫がなされ、腕にはなるべく傷を残さないようにし、傷はできるだけわきの下のみに限定できるようにしたものです。しかし、傷が全く見えないようになったわけではありません。したがって、ダイエットで体重を以前の20%以上絞った場合や本当に重症な場合、あるいは最強の効果を希望する場合に限って、アームリフトを受けることにした方がベターでしょう。では、これら重症例や最強の効果を求める以外の患者さんは、何が最もいい方法かといえば、前述のように、プラズマリポと言うことになります。

当院のプラズマリポは、顔面の手術を除けば、ドレナージという処置を同時に行います。つまり、プラズマリポ・ドレナージということです。これはどういったものかというと、プラズマリポで溶解(融解)した脂肪組織を、溶解(融解)と同時に体外へ排出してしまうという方法です。この方法は当院で開発され、今や世界中でプラズマリポのメイン・ストリームとなりました。
これまでのプラズマリポの処置の場合、溶解(融解)された脂肪の残骸は、皮下脂肪層の中にそのまま取り残され、それがリンパ流や白血球の貪食という作用によって、その部分から取り去られるのを待たなければなりませんでした。脂肪の残骸が吸収されるのには、約3か月を要し、さらに手術したところが回復するために約3か月、つまり、通常のプラズマリポの場合には、本当の完成のためには合計して約6か月の待機期間が必要であったということができます。そこで、この完成までの長い道のりをより短縮するために考案されたのが、プラズマリポ・ドレナージです。

プラズマリポ・ドレナージは、プラズマ光によって溶解(融解)された脂肪を、溶解(融解)と同時に体外へ排出してしまうという技術です。実際には、プラズマリポを施行する際には、ファイバーを保護するために、ファイバーをカニューレ(金属性の筒)の中に通して脂肪層に刺入します。その際に用いるカニューレの先端を改良し、ファイバーとカニューレの隙間から脂肪の残骸を吸い出せるようにしたのが、プラズマリポ・ドレナージに使用するカニューレです。このカニューレの開発により、プラズマ光によって溶解(融解)された脂肪の残骸の大部分は、プラズマリポ照射後すぐに体外へと排出されます。そしてさらに、排出されずに残った脂肪の残骸を、極細のカニューレによって除去します。このように、溶解(融解)された脂肪の残骸を術中に取り除いておくことで、溶解(融解)された脂肪の残骸が吸収されるまでの3か月という期間を待機することなく、脂肪が減少したという効果を出すことができるのです。つまり、脂肪の吸収というプロセスを経ることなく、手術部分の回復というプロセスの期間のみで、プラズマリポの術後経過が完成することになり、完成までの期間の短縮ということのなるのです。

二の腕

30代のモニターさんです。二の腕に対してプラズマリポを照射しています。
PLIP_upper_arm_before_front_view.jpg PLIP_upper_arm_after_front_view.jpg
30代と言えば、そろそろ二の腕にもたるみが生じてきて、太くなってきたのが気になってくる年頃です。
脂肪層がかなり分厚いため、プラズマリポの照射にはかなり時間が必要でした。
ドレナージは加えていません。
写真は、プラズマリポの術前と、術後1ヶ月目です。
まだ、少し脂肪層の硬さが残っているため、あと3か月待機すれば、もっともっと効果が強くなる見込みです。