FtoM 乳房切除術+乳頭縮小術 1

F to M(女性から男性へ)のモニターさんで、乳房切除と乳頭の縮小を同時に行った症例です。写真は順に、術前・術後1か月目・術後3か月目です。術後3か月目で傷についてはほとんど落ち着いた状態ですが、この後、もっともっと目立たなくなっていきます。
 


通常、乳房切除と乳頭縮小は同時には行わないというクリニックがほとんどですが、当院では、患者さんの負担を減少させるために、できる限り同時に行う方針を採用しています。乳房切除と乳頭縮小を同時に行わない理由はいくつかあります。一つは、乳頭は乳腺から乳管を媒介として連続性があり、乳腺を切除した場合、ある程度は自然に小さくなる傾向があるためです。そして2つ目の理由としては、乳房切除術に伴って、皮下脂肪層や乳腺を切除することで、乳輪や乳頭の血行が悪くなり、乳頭が壊死に陥る可能性が高くなるからです。これらの理由については、手術手技のある程度の熟練と、その手術法の改良によって、かなりの部分がクリアできるものです。つまり、乳腺や皮下脂肪を除去しても、乳輪と乳頭の部分の血行を悪くしない工夫と、その手術手技の開発・トレーニングによるものです。この辺のことは、どうしても医師の腕にかかっているところですが、それでもいくつかのコツのようなものが存在することは事実です。

3 Replies to “FtoM 乳房切除術+乳頭縮小術 1”

  1. k より:

    術後3ヶ月目になると傷跡も目立たなくなりますね。

  2. 匿名希望 より:

    処置・手術が1度で済むなら、負担も少なくなるので良いですね。

  3. dazzle より:

    傷跡がほとんど目立たないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。