乳房切除と同時に皮膚の余りの処理 3

そこで、F to M トランスジェンダーの場合の乳房切除術の場合には、最初から乳房の、否、胸部の形重視での手術を行うということになります。
2012_0313_133642AA.JPG 2012_0616_185703AB.JPG


その場合、やはり傷を最小にすることが大切になります。基本的に、F to M トランスジェンダーの場合には、乳輪や乳頭の大きさについても修正を希望する場合が多いため、これらの手術とともに、乳房切除をワンセットに考えます。つまり、乳輪や乳頭の縮小のための傷と、乳房切除のための傷を、共通化できるところは共通化するということです。具体的には、乳輪縮小と乳房切除の傷を、できるだけ共通化するため、乳房切除の傷を、できるだけ乳輪周辺とすることです。したがって当院では、乳輪・乳頭の縮小と乳房切除を、事情が許すようであれば、できるだけ同時に行うことを推奨しています。そうすることで、手術を2回に分ける必要がなく、しかも、乳輪縮小と乳房切除の、2つの手術の傷を共通化できる部分が増える為です。