F to M 乳房切除症例写真 1

F to M性転換の一環で、乳房切除を行ったモニターさんの症例写真です。
2014_0521_002128AA.JPG 2014_0618_030458AA.JPG
2014_0521_024022AA.JPG 2014_0825_235815AA.JPG


こちらのモニターさんの場合、乳房そのものはあまり大きくないのですが、皮膚の余りが多く、これを切除しないと、どうしても術後の胸部の形態を、巧く男性化できない症例でした。つまり、皮下脂肪と乳腺の切除では、どうしても術後に、余った皮膚が垂れ下がり、そのことで胸部の十分な男性化の効果が出せないということです。もし、このモニターさんの症例に、皮下脂肪と乳腺の切除のみを行ったとすれば、垂れ下がった、老婆のような乳房を作ってしまう形となり、決して男性の胸部を再現した形にならず、着衣の状態でも、満足のいく結果が出なかったと予測されます。そこで、縦に約5cm幅での皮膚の切除を必要としました。写真はそれぞれ、術前・術後約1か月目・摘出した乳腺の写真です。