乳腺切除(男性化希望)1

男性化希望のモニターさんです。20代前半で、大きなバストではなく、しかも皮膚の弾力性が保たれているため、乳輪周囲だけからの切開で手術しました。
DSCF0292.JPGのサムネール画像 DSCF1375.JPGのサムネール画像


乳輪からのみの切開の場合、傷が目立たず、術後の見栄えが非常にきれいです。しかし、この方法での手術が可能なのは、バストのサイズが比較的小さく、皮膚の弾力性がある方のみになります。バストのサイズが大きい場合や、皮膚の弾力性がない場合には、この方法で乳腺を切除すると、皮膚が余って、垂れ下がった胸になってしまいます。その場合には、乳腺と一緒に、皮膚を一部切除することが必要になりますので、乳輪のみの切開では、乳房の男性化を行うことはできません。
また、乳腺が非常に大きい方もいます。これは、卵巣の摘出前に男性ホルモンの注射を繰り返すことにより、男性ホルモンが卵巣を刺激して、女性ホルモンの分泌が増加することによって、乳腺が大きくなってしまった場合が多いようです。この場合にも、乳輪のみの切開では、取り出し口が小さいため、巨大化した乳腺を取り出すことが、非常に困難です。