膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 3

そこで、血管へのダメージによって、どのようにして血栓ができるかということを考察してみます。そもそも、血栓とは、血液が固まることによってできます。血管の中で血液が固まるときと言うのは、血管に何らかの異常が発生した時や、脱水などで血液がドロドロになった時です。脂肪吸引の場合には、まずカニューレによる血管壁へのダメージが加わることが、血栓発生の最初の引き金になります。カニューレによって血管壁にダメージが加わり、穴が開いてそこから血液が漏れると、穴の周辺の血液が固まって、その漏れをなくそうとします。漏れた血液だけが固まって、穴を塞ぐのであればいいのですが、その際には血管の内側の血液も固まります。このようにして血管内に血栓が発生します。細い血管の場合には、この血栓も小さく、血管の中を流れて太い静脈に入ったとしても、流れていく間や、心臓でかき混ぜられたりすると溶けてしまいます。平常時においては、血液が血管の中で固まってしまわないように、血液を固めて血栓を作るシステム(凝固系)と血栓を溶かすシステム(線溶系)が血管内でバランスをとって共存しているからです。しかし、太い血管にダメージが加わって、大きな血栓ができてしまい、それが静脈内に入った時には、血栓を溶かすシステム(線溶系)の作用が間に合わず、心臓を通って肺動脈へと到達し、肺の血管に詰まってそれを塞いでしまうのです。これが、太いカニューレで大量の脂肪吸引を行った際に発生してしまう、静脈血栓症の正体です。したがって、このような静脈血栓症の発生を予防するためにも、太い血管を傷つけないようにしなければならず、そのためには、脂肪吸引の際にはできるだけ細いカニューレを使用してした方がよいという結論です。
2011_0405_115833AB.JPGのサムネール画像 2011_0510_191045AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191555AA.JPGのサムネール画像

膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 3

そこで、血管へのダメージによって、どのようにして血栓ができるかということを考察してみます。そもそも、血栓とは、血液が固まることによってできます。血管の中で血液が固まるときと言うのは、血管に何らかの異常が発生した時や、脱水などで血液がドロドロになった時です。脂肪吸引の場合には、まずカニューレによる血管壁へのダメージが加わることが、血栓発生の最初の引き金になります。カニューレによって血管壁にダメージが加わり、穴が開いてそこから血液が漏れると、穴の周辺の血液が固まって、その漏れをなくそうとします。漏れた血液だけが固まって、穴を塞ぐのであればいいのですが、その際には血管の内側の血液も固まります。このようにして血管内に血栓が発生します。細い血管の場合には、この血栓も小さく、血管の中を流れて太い静脈に入ったとしても、流れていく間や、心臓でかき混ぜられたりすると溶けてしまいます。平常時においては、血液が血管の中で固まってしまわないように、血液を固めて血栓を作るシステム(凝固系)と血栓を溶かすシステム(線溶系)が血管内でバランスをとって共存しているからです。しかし、太い血管にダメージが加わって、大きな血栓ができてしまい、それが静脈内に入った時には、血栓を溶かすシステム(線溶系)の作用が間に合わず、心臓を通って肺動脈へと到達し、肺の血管に詰まってそれを塞いでしまうのです。これが、太いカニューレで大量の脂肪吸引を行った際に発生してしまう、静脈血栓症の正体です。したがって、このような静脈血栓症の発生を予防するためにも、太い血管を傷つけないようにしなければならず、そのためには、脂肪吸引の際にはできるだけ細いカニューレを使用してした方がよいという結論です。
2011_0405_115833AB.JPGのサムネール画像 2011_0510_191045AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191555AA.JPGのサムネール画像

膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 2

また、血管へのダメージを少なくすることの意義は、出血量を少なくすることだけではありません。合併症である静脈血栓症の予防のためでもあります。静脈血栓症とは、一時話題になった「エコノミークラス症候群」の原因です。読んで字のごとく静脈の中に血栓が形成され、それが肺に流れて行って肺の血管を閉塞し、呼吸不全に陥ります。特に太ももやふくらはぎの脂肪吸引は、お腹の脂肪吸引と比較して、発症率が高いとされています。それは、血管の走行の解剖学的特徴(末梢でできた血栓が下大静脈に流れて行き易いこと)や、術後に脚の筋肉の運動制限がどうしても生じるため、筋肉の動きによる脚の循環のポンプ機能が低下することが主な原因と考えられています。発症後早期の対処が必要な病態です。初発症状としては、胸痛や血中酸素濃度の急激な低下によるチアノーゼ症状などがあります。確定診断は肺シンチグラムや血管造影などです。発症した場合の具体的な処置としては、酸素の吸入・ヘパリンやウロキナーゼなどの線溶系薬剤の投与・ミラクリッドなどの抗酵素剤の投与などです。しかし、肺シンチグラムや血管造影などは、準備や撮影・読影に時間が必要ですので、胸痛や血中酸素濃度の低下などの症状が出たら、酸素吸入だけは開始した方がいいでしょう。この静脈血栓症は、アメリカでの脂肪吸引での手術死亡の原因のNo1でもあります。しかし、血栓症の高リスク群である、高度の肥満、コントロール不良の高脂血症・高血圧・糖尿病や、抗血栓薬の服用患者以外は、口径の太いカニューレで手術しない限りは、その発症率は非常に稀です。
2011_0405_115815AB.JPGのサムネール画像 2011_0510_191030AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191800AA.JPGのサムネール画像

膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 2

また、血管へのダメージを少なくすることの意義は、出血量を少なくすることだけではありません。合併症である静脈血栓症の予防のためでもあります。静脈血栓症とは、一時話題になった「エコノミークラス症候群」の原因です。読んで字のごとく静脈の中に血栓が形成され、それが肺に流れて行って肺の血管を閉塞し、呼吸不全に陥ります。特に太ももやふくらはぎの脂肪吸引は、お腹の脂肪吸引と比較して、発症率が高いとされています。それは、血管の走行の解剖学的特徴(末梢でできた血栓が下大静脈に流れて行き易いこと)や、術後に脚の筋肉の運動制限がどうしても生じるため、筋肉の動きによる脚の循環のポンプ機能が低下することが主な原因と考えられています。発症後早期の対処が必要な病態です。初発症状としては、胸痛や血中酸素濃度の急激な低下によるチアノーゼ症状などがあります。確定診断は肺シンチグラムや血管造影などです。発症した場合の具体的な処置としては、酸素の吸入・ヘパリンやウロキナーゼなどの線溶系薬剤の投与・ミラクリッドなどの抗酵素剤の投与などです。しかし、肺シンチグラムや血管造影などは、準備や撮影・読影に時間が必要ですので、胸痛や血中酸素濃度の低下などの症状が出たら、酸素吸入だけは開始した方がいいでしょう。この静脈血栓症は、アメリカでの脂肪吸引での手術死亡の原因のNo1でもあります。しかし、血栓症の高リスク群である、高度の肥満、コントロール不良の高脂血症・高血圧・糖尿病や、抗血栓薬の服用患者以外は、口径の太いカニューレで手術しない限りは、その発症率は非常に稀です。
2011_0405_115815AB.JPGのサムネール画像 2011_0510_191030AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191800AA.JPGのサムネール画像

膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 1

ひざ丈までのスカートと言うのは、基本的な長さとしてリクルートスーツなどにも適応される長さです。その長さのスカートを穿いた時には、太ももはそのほとんどが隠れてしまいますが、ふくらはぎと膝は露出されたままです。それらの、ほぼオールシーズンで露出されているふくらはぎと膝は、逆に言うと隠しようのない場所でもあります。これらの見えているところが太いと、見えていない太ももまでが太いと、どうしても想像してしまうのが人間の心理です。したがって、この部分を細くするのは、非常に大切なことでもあります。しかしふくらはぎは、太ももやお腹に比べて脂肪層が薄く、しかも腫れや内出血の消失が遅いという傾向があります。このような部分こそ、できるだけ口径のカニューレを使用して手術を行い、表面の凸凹をつくらないことはもちろん、血管へのダメージを少なくして、術中の出血や内出血をできるだけ抑えることが大切になります。
2011_0405_115807AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_191014AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191633AA.JPGのサムネール画像

膝周りとふくらはぎの脂肪吸引 1

ひざ丈までのスカートと言うのは、基本的な長さとしてリクルートスーツなどにも適応される長さです。その長さのスカートを穿いた時には、太ももはそのほとんどが隠れてしまいますが、ふくらはぎと膝は露出されたままです。それらの、ほぼオールシーズンで露出されているふくらはぎと膝は、逆に言うと隠しようのない場所でもあります。これらの見えているところが太いと、見えていない太ももまでが太いと、どうしても想像してしまうのが人間の心理です。したがって、この部分を細くするのは、非常に大切なことでもあります。しかしふくらはぎは、太ももやお腹に比べて脂肪層が薄く、しかも腫れや内出血の消失が遅いという傾向があります。このような部分こそ、できるだけ口径のカニューレを使用して手術を行い、表面の凸凹をつくらないことはもちろん、血管へのダメージを少なくして、術中の出血や内出血をできるだけ抑えることが大切になります。
2011_0405_115807AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_191014AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191633AA.JPGのサムネール画像