太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 8

細いカニューレを使用することのメリットとしては、手術時および術後の出血を少なくできるということも大きなものの一つです。カニューレの口径が大きければ、太い血管へのダメージ、つまり太い血管を傷つけやすいということができ、その分、手術中の出血や術後の、注入した薬液中の血管収縮剤の効果が切れた時の出血(通常、内出血として認識されます)が多くなります。しかし、カニューレの口径が細い場合には、太い血管には傷をつけないため、術中の出血ばかりか、術後の出血(内出血)も最小限に絞ることができます。つまり、カニューレが細ければ細いほど、血管へのダメージを最小化でき、術中から術後にわたっても、出血量が少なく、したがって術後の内出血も少ないということができます。
手術中の出血量が多いと血圧低下や貧血などに陥り、危険なのは常識です。脂肪吸引の場合には、小さな範囲の手術や、脂肪の吸引量があまり多くない場合には、このことはあまり問題になりません。しかし、広い範囲の脂肪吸引、たとえば両太ももの一周すべてに及ぶ範囲などの脂肪吸引で、比較的大量の脂肪を除去する場合には注意が必要です。したがって、広い範囲の脂肪吸引ほど、術中の出血を少なくするために、できるだけ細いカニューレを使用した方が、安全性が高いということができます。
術後の出血については、内出血と言う形で認識されます。他院にて太いカニューレで手術がおこなわれ、術後1週間以内の症例を、何例も診たことがありますが、脂肪吸引が行われた箇所の皮膚のほとんどが紫色に変色し、大きな腫れと痛みを伴っていました。それらの患者さんは、全員、術後の痛みに耐えかねて、当院に受診した人々でした。彼女たちは、担当医の術前の説明とは大きくかけ離れた経過を見て、元のクリニックを受診するのに恐怖を感じて当院を受診したのです。彼女たちの中には、血液が皮下に貯留して、注射器で血液を除去する必要がある人もいました。このように術後の出血(内出血)が多いと、痛みも激しい傾向にあります。つまり、術後の痛みを最小限にするためにも、細いカニューレを使用して、術後の出血をできるだけ絞ることが大切なのです。
2011_0405_120103AA.JPGのサムネール画像 2011_0705_191334AA.JPGのサムネール画像

太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 8

細いカニューレを使用することのメリットとしては、手術時および術後の出血を少なくできるということも大きなものの一つです。カニューレの口径が大きければ、太い血管へのダメージ、つまり太い血管を傷つけやすいということができ、その分、手術中の出血や術後の、注入した薬液中の血管収縮剤の効果が切れた時の出血(通常、内出血として認識されます)が多くなります。しかし、カニューレの口径が細い場合には、太い血管には傷をつけないため、術中の出血ばかりか、術後の出血(内出血)も最小限に絞ることができます。つまり、カニューレが細ければ細いほど、血管へのダメージを最小化でき、術中から術後にわたっても、出血量が少なく、したがって術後の内出血も少ないということができます。
手術中の出血量が多いと血圧低下や貧血などに陥り、危険なのは常識です。脂肪吸引の場合には、小さな範囲の手術や、脂肪の吸引量があまり多くない場合には、このことはあまり問題になりません。しかし、広い範囲の脂肪吸引、たとえば両太ももの一周すべてに及ぶ範囲などの脂肪吸引で、比較的大量の脂肪を除去する場合には注意が必要です。したがって、広い範囲の脂肪吸引ほど、術中の出血を少なくするために、できるだけ細いカニューレを使用した方が、安全性が高いということができます。
術後の出血については、内出血と言う形で認識されます。他院にて太いカニューレで手術がおこなわれ、術後1週間以内の症例を、何例も診たことがありますが、脂肪吸引が行われた箇所の皮膚のほとんどが紫色に変色し、大きな腫れと痛みを伴っていました。それらの患者さんは、全員、術後の痛みに耐えかねて、当院に受診した人々でした。彼女たちは、担当医の術前の説明とは大きくかけ離れた経過を見て、元のクリニックを受診するのに恐怖を感じて当院を受診したのです。彼女たちの中には、血液が皮下に貯留して、注射器で血液を除去する必要がある人もいました。このように術後の出血(内出血)が多いと、痛みも激しい傾向にあります。つまり、術後の痛みを最小限にするためにも、細いカニューレを使用して、術後の出血をできるだけ絞ることが大切なのです。
2011_0405_120103AA.JPGのサムネール画像 2011_0705_191334AA.JPGのサムネール画像

太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 5

次に手術の方式です。脂肪吸引の症例数が、国内とは比較にならないくらいに多く、しかも1回の吸引量が非常に多いアメリカでは、やはり脂肪吸引はツメッセント法などの、ウェット・メソッドが推奨されています。ウェット・メソッドとは、脂肪吸引の際に皮下脂肪に大量の薬液を注入し、脂肪層を膨らませておくことをさします。予定吸引量とほぼ同量の薬液を注入するのをスーパー・ウェット法、予定吸引量とは関係なしに注入口から薬液が溢れ出し、もうこれ以上は入らないほど薬液を注入する方法をツメッセント法と言います。注入する薬液の内容は、生理食塩水などの細胞外液系の点滴溶液に、血管収縮剤としてのエピネフリンを混合したものです。局所麻酔での手術の場合には、この注入溶液で麻酔を行うことになりますから、これらの薬剤の他に局所麻酔薬が追加されます。当院では、広い範囲での脂肪吸引の手術は前記事にある硬膜外麻酔を使用しますので、局所麻酔薬の添加は、術後の痛みを軽くするためだけのものとして、ほんの少量かつ低濃度のみです。
ウェット・メソッドで脂肪層を膨らませておくのには、理由があります。一つは血管収縮薬の作用によって、術中の出血を抑えることです。二つ目は、薬液で膨らんで膨化した脂肪組織は、柔らかくなって脂肪吸引のカニューレ操作が容易になるという理由です。そして最後に3つ目の理由としては、脂肪層が膨化して分厚くなることで、脂肪層の厚みに対して相対的にカニューレの口径が小さくなるというのが、大きな理由なのです。
2011_0405_115723AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_190801AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191232AA.JPGのサムネール画像

太もも+ヒップの脂肪吸引 フルコース 5

次に手術の方式です。脂肪吸引の症例数が、国内とは比較にならないくらいに多く、しかも1回の吸引量が非常に多いアメリカでは、やはり脂肪吸引はツメッセント法などの、ウェット・メソッドが推奨されています。ウェット・メソッドとは、脂肪吸引の際に皮下脂肪に大量の薬液を注入し、脂肪層を膨らませておくことをさします。予定吸引量とほぼ同量の薬液を注入するのをスーパー・ウェット法、予定吸引量とは関係なしに注入口から薬液が溢れ出し、もうこれ以上は入らないほど薬液を注入する方法をツメッセント法と言います。注入する薬液の内容は、生理食塩水などの細胞外液系の点滴溶液に、血管収縮剤としてのエピネフリンを混合したものです。局所麻酔での手術の場合には、この注入溶液で麻酔を行うことになりますから、これらの薬剤の他に局所麻酔薬が追加されます。当院では、広い範囲での脂肪吸引の手術は前記事にある硬膜外麻酔を使用しますので、局所麻酔薬の添加は、術後の痛みを軽くするためだけのものとして、ほんの少量かつ低濃度のみです。
ウェット・メソッドで脂肪層を膨らませておくのには、理由があります。一つは血管収縮薬の作用によって、術中の出血を抑えることです。二つ目は、薬液で膨らんで膨化した脂肪組織は、柔らかくなって脂肪吸引のカニューレ操作が容易になるという理由です。そして最後に3つ目の理由としては、脂肪層が膨化して分厚くなることで、脂肪層の厚みに対して相対的にカニューレの口径が小さくなるというのが、大きな理由なのです。
2011_0405_115723AA.JPGのサムネール画像 2011_0510_190801AA.JPGのサムネール画像
2011_0705_191232AA.JPGのサムネール画像

太ももの脂肪吸引 経過写真 4

ではどうして、わざわざ時間がかかる極細カニューレを使用するメリットがあるのか?ということを疑問に思うかもしれません。時間がかかると言うことは、麻酔が途中で切れてしまうのではないかなど、心配になるかもしれません。
ご存じのように、手術と言うものは、手術中には麻酔を効かせて、傷みを取ります。したがって、患者さんは、手術中には痛みを感じません。手術の痛みと言うのは、手術中ではなく、手術の後、つまり、術後の痛みが一番問題になるのです。特に、太いカニューレを使用して行った脂肪吸引の場合には、血管や神経へのダメージもそれだけ大きく、術後の痛みは強い傾向にあります。そこで、術後の痛みを抑えるためにも、当院では極細カニューレを使用するわけです。
また、時間が長い手術になると、途中で麻酔が切れるのではないかと心配する方もいます。通常、静脈麻酔の場合には、その効果の長さや度合いに個人差が大きく、途中で麻酔が切れてしまったり、なかなか麻酔が覚めなかったりします。そこで、当院では、静脈麻酔をしておいて、それが効いている間に、硬膜外麻酔という、背中に針を刺して、細いチューブを通す麻酔を行います。そして、この細いチューブから麻酔薬を流し、痛みを取る方法を行います。この麻酔の方法だと、定期的にチューブから麻酔薬を追加できますので、手術時間に応じて、麻酔が効いている時間を調整できます。
2009_0901_005630AA.JPGのサムネール画像
2009_0908_005256AA.JPGのサムネール画像
2010_0105_231442AA.JPGのサムネール画像