切開法二重瞼+目頭切開 経過 3

蒙古ひだの方向を変える手術法の場合には、切開線が複雑で、手術そのものの難易度が高いことが欠点です。しかし、これは術者の手術に対する習熟によって、デメリットとはなり得ません。利点としては、傷が比較的目立たないことです。これは、傷の総延長が長いにもかかわらず、その範囲は比較的狭いということからきています。また、術後の傷の縮みを、複雑な曲がった切開線で吸収できるため、術後の戻りがほとんどありません。さらに、元に戻したい場合、蒙古ひだを切り取ってしまう手術の場合には、付近から皮膚を持ってくる(フラップを回す)必要があるのに対して、蒙古ひだの方向を変える手術の場合には、もう一度同じ切開線を切開することで、ほぼ元通りに戻すことができます。したがって、術者のクオリティーが高ければ、特別な場合を除いて、蒙古ひだを切り取ってしまう手術法よりも、この、蒙古ひだの方向を変化させて目頭を開く手術のほうが、全ての面において優れているということができます。
2011_0116_032117AA.JPGのサムネール画像 2011_0123_032415AA.JPGのサムネール画像
向かって左が術前。うっすらと二重瞼の線がみられるが、かなり浅くて、皮膚が目にかかってしまっている状態。右は術後1週間目の抜糸直後。
2011_0215_063143AA.JPGのサムネール画像 2011_0417_062455AA.jpgのサムネール画像
向かって左は術後1か月目。右が術後3か月。この時期には、傷の硬さが取れていく時期で、より自然になっていくのですが、傷の色も、それに伴って次第に赤からピンク色を経て、肌色へと近づいていきます。

切開法二重瞼+目頭切開 経過 3

蒙古ひだの方向を変える手術法の場合には、切開線が複雑で、手術そのものの難易度が高いことが欠点です。しかし、これは術者の手術に対する習熟によって、デメリットとはなり得ません。利点としては、傷が比較的目立たないことです。これは、傷の総延長が長いにもかかわらず、その範囲は比較的狭いということからきています。また、術後の傷の縮みを、複雑な曲がった切開線で吸収できるため、術後の戻りがほとんどありません。さらに、元に戻したい場合、蒙古ひだを切り取ってしまう手術の場合には、付近から皮膚を持ってくる(フラップを回す)必要があるのに対して、蒙古ひだの方向を変える手術の場合には、もう一度同じ切開線を切開することで、ほぼ元通りに戻すことができます。したがって、術者のクオリティーが高ければ、特別な場合を除いて、蒙古ひだを切り取ってしまう手術法よりも、この、蒙古ひだの方向を変化させて目頭を開く手術のほうが、全ての面において優れているということができます。
2011_0116_032117AA.JPGのサムネール画像 2011_0123_032415AA.JPGのサムネール画像
向かって左が術前。うっすらと二重瞼の線がみられるが、かなり浅くて、皮膚が目にかかってしまっている状態。右は術後1週間目の抜糸直後。
2011_0215_063143AA.JPGのサムネール画像 2011_0417_062455AA.jpgのサムネール画像
向かって左は術後1か月目。右が術後3か月。この時期には、傷の硬さが取れていく時期で、より自然になっていくのですが、傷の色も、それに伴って次第に赤からピンク色を経て、肌色へと近づいていきます。

切らない眼瞼下垂修正術(眼をパッチリと大きく) Blepharoptosis

「はっきりとした、くっきり二重」希望の、20代前半のモニターさんです。
術前は、眼の開きが弱いため、眉毛を上昇させて目を開く癖がありました。
そのため、通常の切開法では傷が目立ち、DST(ダブルクイックツイスター)をはじめとする埋没法では、くっきりとした二重は望めません。
術前の状態。眉を挙げる癖のため、睫毛と眉毛の距離が遠いのが分かると思います。

“切らない眼瞼下垂修正術(眼をパッチリと大きく) Blepharoptosis” の続きを読む