プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 3

バストの構造は、乳腺が脂肪の中に浮かんでいる構造になっています。そして乳腺は乳管によって乳頭と接続されていて、その他の部分はクーパー靭帯という靭帯組織が袋のような形になって、脂肪とともに取り囲み、周囲を筋肉に接続させています。
2011_0803_135507AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170258AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 3” の続きを読む

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 2

プラズマリポの効果は、皮下脂肪を溶かしてなくすという、脂肪吸引的な効果だけではありません。確かに、ファイバーの先端から照射されるプラズマ光は、他のレーザー機器とは違って、先端から360度方向に進行するため、脂肪を溶解する力は非常に大きなものがあります。
2011_0803_135455AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170244AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 2” の続きを読む

プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 1

プラズマリポ・ドレナージで乳房の縮小と吊り上げを行ったモニターさんです。左右差の修正もかねての手術です。未婚で出産経験もなく、当然、授乳経験もない状態の若い女性ですので、バスト自体には傷をつけたくないとのことで、本人の希望により、プラズマリポ・ドレナージでの手術を選択しました。
2011_0803_135444AA.JPGのサムネール画像 2011_1122_170213AA.JPGのサムネール画像

“プラズマリポでバスト(乳房)の縮小と吊り上げ 1” の続きを読む

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 3

乳輪だけから手術する、この方法は、以前にもお伝えした通り、手術の適応が限られています。まとめると、以下の2つの項目が大切になります。
1)皮膚が薄いこと
2)色白であること
そして、元々のバストの形も、重要な要素です。乳房の形を考えるときに、座った状態で、横からや正面からの形を考えがちです。もちろん、現状の、垂れ下がったり大きすぎたりといったことは、これらの方向からの形で判断します。しかし、この、乳輪周囲だけから手術が可能かどうかといった、手術適応の検討に関しては、そういうわけにはいきません。それは、この手術では、乳輪周囲の皮膚を切り取り、内側の切開線と外側の切開線を縫い合わせるため、これらの切開線の長さの差が少ないことが、手術適応を決定するために重要なことになるからです。したがって、この場合には、切開予定線を決定したら、一度、深くお辞儀をした状態になってもらいます。実際には、胸板を真下に向け、乳頭が一番低い位置にくるようにし、乳輪周囲の内側切開線と、外側の切開線の長さを比較してみるのです。その際、切開線同士の長さの差が少ない場合には、この手術のよい適応となるのです。具体的には、胸板を真下に向けたときに、バストが円錐形に近い状態になれば、この手術の適応と考えていいでしょう。
DSCF3913.JPGのサムネール画像 Dsch0362.jpgのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 3

乳輪だけから手術する、この方法は、以前にもお伝えした通り、手術の適応が限られています。まとめると、以下の2つの項目が大切になります。
1)皮膚が薄いこと
2)色白であること
そして、元々のバストの形も、重要な要素です。乳房の形を考えるときに、座った状態で、横からや正面からの形を考えがちです。もちろん、現状の、垂れ下がったり大きすぎたりといったことは、これらの方向からの形で判断します。しかし、この、乳輪周囲だけから手術が可能かどうかといった、手術適応の検討に関しては、そういうわけにはいきません。それは、この手術では、乳輪周囲の皮膚を切り取り、内側の切開線と外側の切開線を縫い合わせるため、これらの切開線の長さの差が少ないことが、手術適応を決定するために重要なことになるからです。したがって、この場合には、切開予定線を決定したら、一度、深くお辞儀をした状態になってもらいます。実際には、胸板を真下に向け、乳頭が一番低い位置にくるようにし、乳輪周囲の内側切開線と、外側の切開線の長さを比較してみるのです。その際、切開線同士の長さの差が少ない場合には、この手術のよい適応となるのです。具体的には、胸板を真下に向けたときに、バストが円錐形に近い状態になれば、この手術の適応と考えていいでしょう。
DSCF3913.JPGのサムネール画像 Dsch0362.jpgのサムネール画像

乳房縮小・吊り上げ術 乳輪からだけのアプローチ 2

ブラジャーのカップについては、メーカーやブラジャーのタイプによって、その大きさとしての呼び方は様々です。たとえば、同じ人が様々なメーカーで様々なカップの大きさを着用したときに、あるメーカのブラジャーではBカップなのに、ほかのメーカーではCカップ、そして、同じメーカーのブラジャーにもかかわらず、あるタイプのものではCカップなのに、あるタイプではDカップ、などと言うことは、ざらにあります。つまり、同じ大きさのバストであっても、その形によって、カップの大きさは有に1から2カップ違うのが当たり前なのです。
こちらのモニターさんでは、術前に、バストの上のほうのボリュームが少ない場合には、特にその傾向が強く、実際の乳房体積以上に大きなカップサイズとなっていることが多い傾向にあります。その場合、乳房のつり上げで、バストの下のほうから上のほうにボリュームを変化させるだけで、カップサイズが1から2カップ変化します。実際には、1から2カップ、カップサイズな減少するのです。
DSCF3912.JPGのサムネール画像 Dsch0361.jpgのサムネール画像