乳房縮小・吊り上げ術 その2

このような、傷が少ない、乳輪周囲からだけの乳房縮小・吊り上げ術ですが、適応には大きな制限があります。その中で最大なものは、皮膚の性質です。
乳輪周囲を切開して、皮膚を切除することが、この手術の第一歩のプロセスです。この場合、乳頭側が内側、そして、切除した皮膚側が外側になります。そうすると、内側の円周は、当然、外側の円周よりも短い状態です。この短い円周に、長い円周を縫合しなければならないわけです。そうすると、傷の外側にはギャザー(しわ)ができる形になります。皮膚に弾力性があり、よく伸び縮みするのであれば、このギャザーは、術後3カ月から6カ月すると自然に消失します。しかし、硬い皮膚で、あまり伸び縮みしないのであれば、このギャザーは定着したままとなります。ギャザーが定着すると、これを治療するには、もう一度切開して、ギャザーを切り取り、切開線を細かくジグザグに縫い合わせることが必要になります。
Dsc1024.jpgのサムネール画像 DSCF1931.JPGのサムネール画像

ニキビ跡をイントラセル1回で治療した男性 INTRAcel 1

ニキビ跡に対して、イントラセルを1回のみ、照射したモニターさんです。イントラセルの場合、照射と言うよりも、むしろ、注射というべきでしょうか?
術後の写真は、術後7カ月が経過しています。
イントラセルは、極細の針を、皮下1から2mmの深さまで差し込み、先端からRF(高周波電流)を流す治療です。皮膚の中からRFを照射しますので、皮膚の表面には火傷等を起こさずに、非常に高いエネルギーを真皮に照射できます。実際、サーマクールなどの、皮膚の表面からRFを照射する器械で、これだけのエネルギーを使用すると、間違いなく大きな火傷の傷跡を残すことになります。イントラセルは、皮膚の内部からの照射なので、火傷を起こさずに、大きなエネルギーを照射できるのです。したがって、1回の治療効果も抜群で、皮膚を削り取るダーマアブレージョンや、ディープピーリングに匹敵する治療効果を、短いダウンタイムで実現できます。
 

ニキビ跡をイントラセル1回で治療した男性 INTRAcel 1

ニキビ跡に対して、イントラセルを1回のみ、照射したモニターさんです。イントラセルの場合、照射と言うよりも、むしろ、注射というべきでしょうか?
術後の写真は、術後7カ月が経過しています。
イントラセルは、極細の針を、皮下1から2mmの深さまで差し込み、先端からRF(高周波電流)を流す治療です。皮膚の中からRFを照射しますので、皮膚の表面には火傷等を起こさずに、非常に高いエネルギーを真皮に照射できます。実際、サーマクールなどの、皮膚の表面からRFを照射する器械で、これだけのエネルギーを使用すると、間違いなく大きな火傷の傷跡を残すことになります。イントラセルは、皮膚の内部からの照射なので、火傷を起こさずに、大きなエネルギーを照射できるのです。したがって、1回の治療効果も抜群で、皮膚を削り取るダーマアブレージョンや、ディープピーリングに匹敵する治療効果を、短いダウンタイムで実現できます。
 

古典的ですが、プロテーゼで隆鼻術

もうすぐ8月になります。そこで、会社勤めの皆さんも、夏休みが取りやすくなってきたのか、比較的ダウンタイムの長い手術を受ける方も増加してきました
NPfrontbefore.jpg NPfrontafter.jpg
術後1週間の状態ですが、腫れや内出血はかなり目立たなくなっており、鼻筋もしっかりと出ていることが分かると思います。

“古典的ですが、プロテーゼで隆鼻術” の続きを読む