目の下のWPRPF 1

WPRPFと普通のPRP(多血小板血漿)の違いは、まず、従来のPRPの血小板濃度のさらに2倍以上の8~10倍であることです。さらに、その中には白血球を含んでいます。そのため、従来のPRPよりも効果が出現するのが早く、術後約2週間程度で効果が出現し始めます。また、WPRPFには、血小板や白血球の中の成長因子(細胞増殖因子・グロースファクター)だけでなく、さらに成長因子(細胞増殖因子・グロースファクター)を添加していますので、強力なPRP(多血小板血漿)療法となっています。
 

“目の下のWPRPF 1” の続きを読む