目の下のWPRPF 3

以上の肌細胞補充療法の問題点の中で、特に大きな問題点は、2)の「培養には2から3週間が必要で、すぐに治療に移れないこと。」と、4)の「培養した細胞は、いわゆる老化した細胞であるということ。」です。
 

“目の下のWPRPF 3” の続きを読む