ニキビ跡をイントラセル1回で治療した男性 INTRAcel 5

イントラセルによるニキビ跡治療には、おまけがいくつか付いてきます。こめかみの部分の症例写真で、気付いた方も多いかも知れませんが、イントラセルの治療を受けると、皮膚の皮脂腺からの油脂分の分泌が少なくなります。これは、強力なRF(高周波電流)が、真皮の奥深くで照射されるため、かなりの数の皮脂腺を破壊するためだと思われます。したがって、その分泌口である毛穴は小さくなり、皮脂腺の数が減少する分、新しいニキビができにくい肌が獲得できます。しかし、真皮内のコラーゲンの量と密度は、術前に比べて非常に増加していますので、肌の水分量はそれに比例して、増加してきます。つまり、油浮きする肌ではなく、しっとりと滑らかな肌になるということです。また、コラーゲンが増加するということは、皮膚のたるみに対しても、効果を発揮するということです。それは、バイポーラー型のRFであるイントラセルだからこそ、皮下脂肪の委縮による、見かけだけのリフト効果ではなく、純粋に皮膚だけのタイトニングによるタルミ除去を可能にしていると言えます。
 
ニキビ跡が浅くなっているのと同時に、皮脂によるテカリがなくなっています。

ニキビ跡をイントラセル1回で治療した男性 INTRAcel 5

イントラセルによるニキビ跡治療には、おまけがいくつか付いてきます。こめかみの部分の症例写真で、気付いた方も多いかも知れませんが、イントラセルの治療を受けると、皮膚の皮脂腺からの油脂分の分泌が少なくなります。これは、強力なRF(高周波電流)が、真皮の奥深くで照射されるため、かなりの数の皮脂腺を破壊するためだと思われます。したがって、その分泌口である毛穴は小さくなり、皮脂腺の数が減少する分、新しいニキビができにくい肌が獲得できます。しかし、真皮内のコラーゲンの量と密度は、術前に比べて非常に増加していますので、肌の水分量はそれに比例して、増加してきます。つまり、油浮きする肌ではなく、しっとりと滑らかな肌になるということです。また、コラーゲンが増加するということは、皮膚のたるみに対しても、効果を発揮するということです。それは、バイポーラー型のRFであるイントラセルだからこそ、皮下脂肪の委縮による、見かけだけのリフト効果ではなく、純粋に皮膚だけのタイトニングによるタルミ除去を可能にしていると言えます。
 
ニキビ跡が浅くなっているのと同時に、皮脂によるテカリがなくなっています。

額のフェイスリフト(内視鏡使用) Endoscopic forehaed lift

50代女性のモニターさんです。
内視鏡を使用して、髪の中に各2cmの、髪の分け目を横断しない傷で額のフェイスリフトの手術をしました。
髪の分け目を横断したり、生え際からの手術の場合、術後のヘアースタイルの制限が大きいのが難点でしたが、内視鏡を使用することで、それらの難点はかなりの部分、解決できたと言えます。
2008_0814_222942AAAD.jpgのサムネール画像 2008_0914_055247AAAD.jpgのサムネール画像
2008_0814_223028AAad.jpgのサムネール画像 2008_0914_055256AAad.jpgのサムネール画像