ニキビ跡 イントラセル+WPRPF 1ヶ月後 3

イントラセルとWPRPFの同時施行が、なぜ、効果が高いのかというと、どちらも皮膚の再生力を利用した方法なのですが、二つの手技で、その働くところが違い、相乗作用を発揮するからです。
イントラセルは、RF(高周波)を皮膚に照射して熱を加え、皮膚に刺激を与えるものです。そのことで、一度治癒してしまった傷としてのニキビ跡に対して、再生力を再び与えることになります。つまり、例えて言うなら、止まってしまった馬に、もう一度鞭を入れることです。
WPRPFは、再生の原動力になる、成長因子(細胞増殖因子)を皮膚に注入します。そのことで、皮膚の再生力を活発にします。同じように例えるなら、お腹がすいて、走れなくなった馬に、餌を与えるような感じです。
したがって、イントラセルとWPRPFを同時施行するということは、へばってしまった馬に餌を与えたうえに、鞭を入れるということになります。餌だけを与える、または、鞭だけを入れるのと違い、馬はしっかりと走るでしょう。つまり、相乗作用で、1+1=2ではなく、=3~5にもなるのです。
2010_1016_002527AA.JPGのサムネール画像 2010_1121_033421AB.JPGのサムネール画像

ニキビ跡 イントラセル+WPRPF 1ヶ月後 3

イントラセルとWPRPFの同時施行が、なぜ、効果が高いのかというと、どちらも皮膚の再生力を利用した方法なのですが、二つの手技で、その働くところが違い、相乗作用を発揮するからです。
イントラセルは、RF(高周波)を皮膚に照射して熱を加え、皮膚に刺激を与えるものです。そのことで、一度治癒してしまった傷としてのニキビ跡に対して、再生力を再び与えることになります。つまり、例えて言うなら、止まってしまった馬に、もう一度鞭を入れることです。
WPRPFは、再生の原動力になる、成長因子(細胞増殖因子)を皮膚に注入します。そのことで、皮膚の再生力を活発にします。同じように例えるなら、お腹がすいて、走れなくなった馬に、餌を与えるような感じです。
したがって、イントラセルとWPRPFを同時施行するということは、へばってしまった馬に餌を与えたうえに、鞭を入れるということになります。餌だけを与える、または、鞭だけを入れるのと違い、馬はしっかりと走るでしょう。つまり、相乗作用で、1+1=2ではなく、=3~5にもなるのです。
2010_1016_002527AA.JPGのサムネール画像 2010_1121_033421AB.JPGのサムネール画像

ニキビ跡 イントラセル+WPRPF 1ヶ月後 1

1回の処置で、ニキビ跡を改善させる手段として、イントラセルは非常に有効です。しかし、重症例に対しては、1回の処置では大きな効果を得るまでには、なかなか到達しません。そこで、当院では、重症例の患者さんには、イントラセルと同時にWPRPFを行うことを推奨しています。
イントラセルは、その効果が術後約6カ月の間、進行します。この効果の進行は、たるみやシワだけでなく、ニキビ跡に対しても、同様です。つまり、一度イントラセルの処置を受けると、最初の1カ月で、効果が分かるのですが、ジワリジワリと6カ月かけてもっともっと、効果が出てくるということです。
浅いニキビ跡の場合には、この最初の1ヶ月間で、改善がよくわかるのですが、深いニキビ跡(重症の場合のこと)では、効果が分かるまでには時間を要します。その待機時間の間に、患者さんは、自分の元の状態を忘れてしまっている場合も多いのが、現実です。そこで、イントラセルの効果を、早く大きく出すために、WPRPFを同時施行します。
写真のモニターさんは、まだ術後1カ月目ですが、ニキビ跡の改善と、美白効果に伴うニキビ跡の色素沈着の改善が、既に表れ始めています。
2010_1016_002457AA.JPGのサムネール画像 2010_1121_033303AB.JPGのサムネール画像

ニキビ跡 イントラセル+WPRPF 1ヶ月後 1

1回の処置で、ニキビ跡を改善させる手段として、イントラセルは非常に有効です。しかし、重症例に対しては、1回の処置では大きな効果を得るまでには、なかなか到達しません。そこで、当院では、重症例の患者さんには、イントラセルと同時にWPRPFを行うことを推奨しています。
イントラセルは、その効果が術後約6カ月の間、進行します。この効果の進行は、たるみやシワだけでなく、ニキビ跡に対しても、同様です。つまり、一度イントラセルの処置を受けると、最初の1カ月で、効果が分かるのですが、ジワリジワリと6カ月かけてもっともっと、効果が出てくるということです。
浅いニキビ跡の場合には、この最初の1ヶ月間で、改善がよくわかるのですが、深いニキビ跡(重症の場合のこと)では、効果が分かるまでには時間を要します。その待機時間の間に、患者さんは、自分の元の状態を忘れてしまっている場合も多いのが、現実です。そこで、イントラセルの効果を、早く大きく出すために、WPRPFを同時施行します。
写真のモニターさんは、まだ術後1カ月目ですが、ニキビ跡の改善と、美白効果に伴うニキビ跡の色素沈着の改善が、既に表れ始めています。
2010_1016_002457AA.JPGのサムネール画像 2010_1121_033303AB.JPGのサムネール画像

プラズマジェル(PPP)フェイスリフト 3

永久的な効果を希望するなら、WPRPF・幹細胞併用脂肪注入を受けていただく以外にないのですが、2から3年くらいの効果がほしい場合には、プラズマジェル(PPP)に、WPRPFを併用すると言う方法もあります。
WPRPFの本来の効果は、しわの治療ですが、添加する成長因子の量を調節することによって、プラズマジェル(PPP)のように、皮下脂肪の厚みを出すこともできます。WPRPFには即効性がありません。しかし、ちょうど、プラズマジェル(PPP)の吸収が進行していく途中で、効果を発揮し始めます。したがって、プラズマジェル(PPP)の吸収が進むのですが、そのかわりにWPRPFの脂肪増殖効果がそれを追いかけてくるといった具合です。
別の言い方をすれば、WPRPFが効くまでの時間稼ぎに、プラズマジェル(PPP)を利用すると言うことです。