ホーム > しわ・たるみのモニターさん » ヒアルロン酸注射の症例

ヒアルロン酸注射の症例:記事一覧

ヒアルロン酸注入 しわ たるみのカモフラージュ 下唇 50代女性モニターさん

ヒアルロン酸で、さらに口元のたるみやしわをカモフラージュし、残ったヒアルロン酸で、唇をふっくらさせました。顔が小さなご婦人でしたので、ヒアルロン酸は1本で行えました。

LIPAugmentationbefore.jpgのサムネール画像 LIPAugmentationafter.jpgのサムネール画像

ヒアルロン酸注入 ホウレイ線 20代後半女性モニターさん

ホウレイ線の改善は、ヒアルロン酸注入の中でも、最も典型的な症例です。
モニターさんは、20代後半の方ですが、術前は非常に深いホウレイ線が刻まれていました。

ヒアルロン酸は、皮膚の凹みを盛り上げるものですから、直後の状態は、どの製品を使用しても変わりはありません。あとは、どの程度の期間、効果が持続するかが問題です。
当院のヒアルロン酸は、吸収に最低でも1年以上かかるものを使用していますので、非常に長期の効果が望めます。

HAadbefore.jpgのサムネール画像 HAadafter.jpgのサムネール画像

ヒアルロン酸注入 口角挙上 20代前半女性モニターさん

口角を挙上することで、にこやかな表情と若々しく活力のある印象を得られます。
モニターさんは20代前半の方です。口角が下がっていることで、真顔だと不機嫌な印象があり、自分ではどうしていいかが分かっていませんでした。初診時に、口角挙上のアドバイスの下、ヒアルロン酸での口角挙上に挑戦しました。
術後は、にこやかな印象の下、華やかさが加わったにも拘らず、他人からはどこが変化したのか指摘されることはありませんでした。

lateral anguloplasty up before-thumb-500x375-1352.jpgのサムネール画像 lateral anguloplasty up after-thumb-500x375-1354.jpgのサムネール画像

ヒアルロン酸による口角拳上術

ヒアルロン酸による口角拳上のモニターさんです。口角と言うのは、唇の端の部分のことで、ここが下がっていると、顔全体の印象が険しくなってしまいます。口角が下がってしまう原因としては、下顎の骨が歯とともに前方に突き出ていることや、老化・加齢によるものがあります。

 

1