ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 3

このような美容鍼の効果が、糸が溶けてなくなるまでの間、持続するのがウルトラV-リフトです。そして糸が溶けていく間と糸が溶けてしまった後のしばらくの間、糸の周囲にできたコラーゲンの繊維が、この鍼や糸の替りをします。
 


さらに、コラーゲンができるということは、その作用は真皮にも及び、皮膚そのものの張りや水分保持能を高め、リフト効果を高めていくのです。そしてその水分保持能の向上や張りの強化は、シワや美肌にも効果があり、総合的な若返りを創出できるのです。このように、長期作用型の美容鍼としての位置づけと、その皮膚に及ぼす効果を考えると、ウルトラV-リフトはこれからの美容治療の基本的手技の一つとして発展する可能性を秘めたものでもあります。したがって、それぞれの術者(医師)によって、いろいろと糸の挿入箇所や糸の長さ、さらに挿入する深さや角度などが研究・開発されていくと思われます。すでに当院では、ウルトラV-リフトの基本コンセプトはそのままに、オリジナルの挿入法(箇所・深さ・角度)の開発に取り組み、一部は既に実行しています。このように、様々な工夫の余地があるのも、このウルトラV-リフトの良い点ではないかと考えています。

2 Replies to “ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 3”

  1. k より:

    コラーゲンが生成されると、皮膚の張り、保湿力、リフトアップ効果があるんですね。

  2. 匿名希望 より:

    今後も研究・開発が進んでいくんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。