イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 6

二つ目の、作用は、コラーゲン分子の再配列と呼ばれるものです。
コラーゲンのような、タンパク質の分子は、アミノ酸がたくさん結びついて、鎖のような長い分子を構成しています。このような分子には、極性といって、磁石のようなプラスとマイナスの方向があります。そこにRF(高周波)のような電流を流すと、電流の作用で、コラーゲンの分子が同じ方向を向いて、きっちりと整列し、おたがいの結びつきも強くなります。
しかし、古くなって、水分の含有量を失ったコラーゲン分子は、その配列がランダムになり、お互いの結びつきも弱くなっています。このことが、真皮の脆弱化、つまり、タルミの原因となる皮膚の弾力性の喪失につながっています。そこにRF(高周波)を流すことにより、前述のように、コラーゲン分子が整列し、お互いの結びつきを取り戻し、皮膚の弾力性が回復します。このように、コラーゲンの分子が整列する作用を、再配列と言うのです。
そして、これらの、真皮に対する熱作用と再配列が組み合わさって、真皮のコラーゲンが再構築される、つまりリモデリングが起こって、皮膚のしわ・たるみ・ニキビ跡・毛穴などの改善につながるというわけです。
2010_0104_050143AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221609AB.JPGのサムネール画像

イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 6

二つ目の、作用は、コラーゲン分子の再配列と呼ばれるものです。
コラーゲンのような、タンパク質の分子は、アミノ酸がたくさん結びついて、鎖のような長い分子を構成しています。このような分子には、極性といって、磁石のようなプラスとマイナスの方向があります。そこにRF(高周波)のような電流を流すと、電流の作用で、コラーゲンの分子が同じ方向を向いて、きっちりと整列し、おたがいの結びつきも強くなります。
しかし、古くなって、水分の含有量を失ったコラーゲン分子は、その配列がランダムになり、お互いの結びつきも弱くなっています。このことが、真皮の脆弱化、つまり、タルミの原因となる皮膚の弾力性の喪失につながっています。そこにRF(高周波)を流すことにより、前述のように、コラーゲン分子が整列し、お互いの結びつきを取り戻し、皮膚の弾力性が回復します。このように、コラーゲンの分子が整列する作用を、再配列と言うのです。
そして、これらの、真皮に対する熱作用と再配列が組み合わさって、真皮のコラーゲンが再構築される、つまりリモデリングが起こって、皮膚のしわ・たるみ・ニキビ跡・毛穴などの改善につながるというわけです。
2010_0104_050143AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221609AB.JPGのサムネール画像

イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 5

高周波電流を流すと、なぜ、皮膚のしわ・たるみ・ニキビ跡・毛穴などの改善になるのでしょうか?そのキーワードは、コラーゲンのリモデリングという、皮膚の中の、主に真皮の再生が、キーワードとなっています。
RF(高周波)を皮膚に作用させると、真皮の中では、2つの動きがあります。
一つ目は、熱の発生です。この熱によって、真皮の、水分を失った、古い萎縮したコラーゲンやヒアルロン酸などが分解されます。その後、分解された古いコラーゲンは、一部は吸収され、その他は白血球などによって貪食されます。その時に、水分をたくさん含んだ、新しいコラーゲンが新生され、分解された古いコラーゲンと置き換わります。新しいコラーゲンは、水分を多く含んでいますので、同じ量のコラーゲンでも、しなやかで、しかも体積が大きくなります。また、白血球から放出される成長因子(細胞増殖因子)の作用で、繊維芽細胞が増加し、新生するコラーゲンや真皮の細胞は、分解されたコラーゲンや術前の細胞の数よりも、その量が多くなります。
2010_0104_050122AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221655AB.JPGのサムネール画像
真皮の状態が改善したことで、表皮の色素の代謝が正常化し、美白効果も得られています。

イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 5

高周波電流を流すと、なぜ、皮膚のしわ・たるみ・ニキビ跡・毛穴などの改善になるのでしょうか?そのキーワードは、コラーゲンのリモデリングという、皮膚の中の、主に真皮の再生が、キーワードとなっています。
RF(高周波)を皮膚に作用させると、真皮の中では、2つの動きがあります。
一つ目は、熱の発生です。この熱によって、真皮の、水分を失った、古い萎縮したコラーゲンやヒアルロン酸などが分解されます。その後、分解された古いコラーゲンは、一部は吸収され、その他は白血球などによって貪食されます。その時に、水分をたくさん含んだ、新しいコラーゲンが新生され、分解された古いコラーゲンと置き換わります。新しいコラーゲンは、水分を多く含んでいますので、同じ量のコラーゲンでも、しなやかで、しかも体積が大きくなります。また、白血球から放出される成長因子(細胞増殖因子)の作用で、繊維芽細胞が増加し、新生するコラーゲンや真皮の細胞は、分解されたコラーゲンや術前の細胞の数よりも、その量が多くなります。
2010_0104_050122AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221655AB.JPGのサムネール画像
真皮の状態が改善したことで、表皮の色素の代謝が正常化し、美白効果も得られています。

イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 4

RF(高周波)と言うのものは、電流の一種です。「高周波を照射する」とは、電気を流すということです。電気には、その波長によって、大きく、高周波、中周波、低周波の3種類があります。周波数が高いほど、同じ電圧であれば、安全性が高く、感電の危険性が低いとされています。
家庭用の電気は、50HZ~60HZなので、低周波となります。これは、家庭用の100Vでも、びりびりとした感じがして、いかにも感電しそうな感じがすると思います。マッサージ機の低周波は、電圧を絞っているため、感電しません。
中周波は、部分痩せ用の器具で、EMS痩身機に用いられているものです。これは、筋肉を強制的に運動させるもので、中周波電流によって、神経の伝達信号の代りをさせているわけです。これも、高電圧になると感電する周波数です。
高周波は、イントラセルに用いられている周波数です。そのほかには、電気メス、サーマクール、ポラリス、オーロラなど、主に医療機器に用いられるものです。この高周波電流は、人体に流すと、電流が流れ始めるところに熱を発生する特徴があります。この熱を利用して、電気メスでは止血や組織の切開、その他の美容医療機器では、皮膚の改善といった効果を獲得するわけです。
2010_0104_050055AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221641AB.JPGのサムネール画像
6カ月後には、ニキビ跡があさくなり、シワやタルミも改善し、皮膚の色も白くなっています。

イントラセル ニキビ跡・たるみ・シワ・美白 術後6カ月 1

イントラセルを1回だけ照射した処置の術後、半年経過したモニターさんです。イントラセルは、極細の針の先から、RF(高周波電流)を、真皮の中に流すことで、皮膚の再生を行う器械です。同じくRFを使用する器械である、サーマクールやポラリスなどと違い、皮膚の内部にRFを直接流すため、皮膚の奥深くまで効果を得ることができます。そうすることで、深いニキビ跡や、しわ・たるみなどにも効果が大きく、その効果は術後約半年かけて、徐々に増強していきます。さらに、皮膚の代謝が上昇することから、美白効果も同時に得られます。
皮膚の中からRFを照射することによって、皮膚の表面を焼くことがありません。つまり、皮膚の表面からRFを流すよりも、強力なRFを照射できますので、現在のところ、その効果は、どのRF機器よりも強力です。また、ハンドピースには、サーマクール同様に、冷却装置が付属していますので、針そのものが高温になることもありません。つまり、皮膚の火傷を防止しつつ、しかも、強力な出力によって、効果を出すことができるのです。
2010_0104_045920AB.JPGのサムネール画像 2010_0810_221422AB.JPGのサムネール画像
額のシワとTゾーンのテカリ、さらにニキビ跡の改善が顕著です。