にきび痕も目立たなくなる 5

加齢・老化とともにニキビ跡が目立ってくる現象には、もう一つ、タルミの関与というものもあります。
20141211_153954.JPG 20150312_110532.JPG
ニキビ跡が、皮膚にできた小さな傷痕であることは、前述の通りなのですが、そこにタルミが加わると、目立つようになります。これは、毛穴も同じことが言えます。これは、傷痕であるニキビ跡や毛穴は、皮膚の深いところから皮下脂肪層まで到達していて、その部分だけはたるまずに皮膚を支えてしまうからです。実際に自分で鏡を持って、天井を向いてみると、タルミがニキビ跡や毛穴を目立たせていたことが、よく解ると思います。天井を向いた時の顔は、重力の影響がとれ、タルミが改善した時の顔だからです。その時に、ニキビ跡や毛穴が目立たなくなっていることが実感できれば、タルミをとる処置で、その時の程度までは、ニキビ跡が目立たなくなるということです。そして、スキン・メソセラピー・マックス(強力水光注射)は、まさにこのタルミをとる処置であり、前述の皮膚のコラーゲンを増加させるという作用同様、ニキビ跡を目立たなくさせる効果というものが、存在するというわけです。

ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 4

ウルトラV-リフトで挿入される糸は、ポリディクサノン(Polydioxanone、ポリジオキサノン、PDS、PDO)と呼ばれるものです。この糸は、溶ける糸(吸収糸)の中では最長の吸収時間を要するもので、体内で溶けてなくなってしまうまでには、6か月以上を要するとされています。
 

“ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 4” の続きを読む

ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 3

このような美容鍼の効果が、糸が溶けてなくなるまでの間、持続するのがウルトラV-リフトです。そして糸が溶けていく間と糸が溶けてしまった後のしばらくの間、糸の周囲にできたコラーゲンの繊維が、この鍼や糸の替りをします。
 

“ウルトラV-リフト フェイスラインの効果がよく出た症例 3” の続きを読む

頬のたるみにウルトラV-リフト 5

ウルトラV-リフトで挿入されたポリディクサノンの糸がなくなると、ウルトラV-リフトの効果がすぐに消滅してしまうのかというと、そういったことはありません。それは前述のように、ウルトラV-リフトの糸の周囲には、コラーゲンと線維芽細胞を主体とした膜が存在しているからです。
2011_1025_022607AA.JPGのサムネール画像 2011_1025_032641AA.JPGのサムネール画像

“頬のたるみにウルトラV-リフト 5” の続きを読む