頬のシルエットリフト 4対(8本) 3

当院のシルエットリフトは、切開を一切必要とせず、生え際に小さな穴をあけるだけの手術です。この穴は切開創ではありませんので、縫合を必要とせず、自然に消失すると言っていいほど目立たなくなります。
 


そもそもシルエットリフトの際に糸を縫合固定する側頭筋膜は、こめかみから生え際をまたいで耳の上にまで存在します。そこで当院では、シルエットリフトの糸を固定する箇所を、側頭筋膜の生え際に設定しました。そしてその部分に小さな穴を開けて、その穴から糸を通して皮下組織を引っ掛け、皮膚を吊り上げ、糸を側頭筋膜に固定するようにしたのです。
このような術式の改良により、洗髪と洗顔およびメークは翌日から許可できるようになり、生活制限を大幅に緩和できました。これこそが、スレッドリフトのメリットを最大限に生かしたシルエットリフトの術式であり、決してリフトアップ効果のためにメリットを減少させたものではないということができます。つまり、シルエットリフトは、この改良によって、本当のキング・オヴ・スレッドリフトとなったのです。

2 Replies to “頬のシルエットリフト 4対(8本) 3”

  1. k より:

    洗髪・洗顔・メイクは翌日から可能なんですね。

  2. dazzle より:

    切開しなくても良いのは魅力ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。